Thunderbird のプレーンテキストタグ

2006年2月12日(日) 22時24分 by level
B ?
Tags: Tips, Thunderbird

(このエントリは Tips ページからの引越しです)

プレーンテキストタグ

Thunderbird にはプレーンテキストタグという機能があり、例えばメール本文中に

*bold*, /italic/, _underline_, |code|

と書いておくと、メッセージ画面では

*bold*, /italic/, _underline_, |code|

のように表示されます。日本語には完全には対応しておらず、文字列の最初と最後が ASCII でないと表示されません。

なお、この機能は about:configmail.display_structfalse にすることにより抑制できます。

また、userContent.css に以下の設定を追加することにより個別に表示を無効にすることができます。

.moz-txt-star { font-weight:normal ! important; }
.moz-txt-slash { font-style:normal ! important; }
.moz-txt-underscore { text-decoration:none ! important; }
.moz-txt-verticalline { text-decoration:none ! important; }

また、以下の設定を追加することにより

.moz-txt-star > .moz-txt-tag { display: none; }
.moz-txt-slash > .moz-txt-tag { display: none; }
.moz-txt-underscore > .moz-txt-tag { display: none; }

前後のセパレータを表示させなくできます。

bold, italic, underline, code

その他の変換機能

そのほかにも、以下のような変換機能があります。

+/- -> ± (直前がスペースであること)
2^2 -> 22 (^の後ろが数字であること)
a^25 -> a25
変換されない例: ^2, 2^a, 2^2a, a^b, (c), (r), (tm)
最終更新: 2006年2月19日(日) 13時50分

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。