メッセージの優先度の変更

2005年3月5日(土) 12時13分 by level
B ?
Tags: Tips, Thunderbird

以前 Thunderbird でのメッセージの優先度の変更に関して mozillaZine フォーラムで回答したときに一部間違っていたのでそのまとめ。

メールに X-priority: ヘッダを付加することにより優先度(1:最低から5:最高)を設定できます。Thunderbird ではメッセージ作成ウィンドウで[オプション]→[重要度]から設定することが出来ます。指定しなければ優先度は無しになります(X-Priority: ヘッダ自体が付加されない=デフォルト=標準)。

このように、メッセージの優先度は送信者側が設定するものですが、Thunderbird では受信者側で優先度を変更することができます。ただし、その手段はメッセージフィルタのアクションだけに限られています。(個別に変更できる UI があるともっと有効に使えそうですが残念ながら用意されていません。代わりにラベルが用意されています。)このとき、受信者側で変更した重要度は X-Priority: ヘッダを書き換えたり追加するのではなく、要約ファイル(.msf)に保存されます。したがって要約ファイルを削除すると優先度は元の値(送信者が設定した値)に戻ってしまいます。

最終更新: 2006年2月11日(土) 21時44分

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。