ベスト更新なるもサブ3.5逃す - 第7回湘南国際マラソン

2012年11月7日(水) 17時50分 by level
B ?
Tags: マラソン

11月3日(土)に開催された第7回湘南国際マラソンに参加した。結論から言うと、目標の3時間30分にはわずかに及ばなかったが、ネットで3時間31分49秒(グロスで3時間38分57秒)と、自己ベストを7分更新することができた。が、やっぱり、フルマラソンはきつかった。

足の不安

前回のブログにもかいた通り、1ヶ月ほど前から右足甲の痛みがあり、2週間前のよこはま月例では10kmを早々に途中棄権する憂き目にあった。その後、この日まではなるべく足に負担が出ないように努め、それでも体を鈍らせないための数日おきのランも痛みが出る前の5km程度に抑えてこの日を迎えた。おかげて、マラソンシーズンまでに30kmを超える練習を1回もこなすことができなかった。

しかし、安全路線が功を奏したのか、幸いなことにそれ以降痛みが再発することもなく、またこのレース中・レース後もまったく痛みが再発することもなかった。

当日の動き

  • 起床:5時10分
  • 朝食:いつもの食パン、紅茶、バナナ、ユーグルトなど
  • 6時10分出発→相模大野:6時28分→大磯:7時15分
  • 約30分の徒歩で会場へ(途中、おにぎり)

会場に着くと、ステージで千葉ちゃんや北斗夫婦などの挨拶を少し見て、着替えに向かう。前日の快晴に比べて、当日は厚めの雲にわずかに日がさす天気で、ウェアを長袖にするか半袖にするかを決めかねていたが、周りに半袖の人がかなりいたので、メッシュのノースリーブアンダー+公式Tシャツで行く事に決めた。下は3/4丈のタイツ。手袋も持参したが、これも不要と判断した。

靴は、少なくとも足を痛めてからはずっと履いている Nike FREE2。朝、出かける前に、いつもより紐をキツ目に締め上げてきたのだが、あとでこれが裏目に出ることになる。着替えのテントの中で、クッキーと干しぶどう、アクエリアスで最後のエネルギー補給。水分はいつもよりは少なめ。

荷物を預けて、ごった返すトイレでなんとか用を足すともうスタートまで30分を切っているので、Cブロックの列に向かう。去年は50分くらい前に並んだのでほぼCブロックの最前列だったけど、今回はかなり列が伸びていて、結局ゴール付近に並ぶことになった。この位置ではスタートラインまでのタイムラグは7分強と過去最大になってしまった。

序盤はがまん

去年の大会では、序盤のペースが一番速く、あとはジリ貧、最後に大崩れ、今年の東京ではその傾向が更に強くなり結局記録も最悪というものだったので、今回は意図的に序盤のペースを抑えることに心がけた。スタート直後の混雑もあえて無理をせず、想定ペースの5分/kmよりも遅くてもいいと自分に言い聞かせて走る。それでも5km付近ではコースが1車線に減って一番渋滞するところではちょっといらいらすることもあった。結局、6kmまでは一度も5分/kmを切ることはなかった。7km当たりでようやく車線も広がり、人もバラけてきたので気持ちよく走ることができるようになった。その後はなるべく負担をかけずに、一番ラクな状態をキープすることを意識しつつ、4分45秒ペースで江ノ島の折り返しまで進む。

トイレ、行くべきか行かざるべきか

10kmごとのラップとペース

  • 10km:0:50:23(5'02"/km) 序盤は混雑と意図的な抑制で想定ペースより遅め
  • 20km:0:47:41(4'46"/km) まだ抑制しつつもエンジンを掛ける
  • 30km:0:49:35(4'57"/km) そのまま維持
  • 40km:0:52:23(5'14/km) だんだんきつくなってくる
  • Finish:0:11:48(5'01/km) 一番苦しいところ

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. [2] http://r.mail.qq.com/cgi-bin/reader ... ex&source=folderlist