ニュース:omnijar、AMO、Great Firewall、縦書き、ルビ

2010年10月8日(金) 23時21分 by level
B ?

新しい試みとして、日本語で提供されている海外情報を about:config 風にまとめてみます。

Firefox 4: jar jar jar

Firefox 4 では jar ファイル(実体は zip)周りに次のような最適化が行われ、起動速度の向上に貢献しています。1.バラバラのファイルを jar ファイルにまとめる。2.すべてのファイルをひとつの jar ファイルにまとめる(omnijar)。3.jar ファイル内でのファイル配置を(トリッキーに)最適化する。4.拡張機能の omnijar 化。詳細は outsider reflex で翻訳記事を参照してください。

AMO からいくつかの機能が廃止予定

Mozilla Developer Street (modest)元記事)によると、AMO からいくつかの機能の廃止が予定されています。自サーバ配布アドオン(AMO 以外のサーバで配布しているアドオン)を AMO に登録する機能は利用者が少ないために削除されます。また、従来はユーザが自由に設定できたタグは、開発者のみが20個まで設定できるようになります。

中国の Great Firewall から学ぶブラウザの作業効率を改善するアイディア

Ubiquity や Jetpack の開発で知られる Mozilla Labs の Aza Raskin がブラウザを使った作業効率を改善するための新しいアイディアを提案しています。業務中の閲覧に向かないサイトをブロックすると、その苛立ちはブロックに向き、それを解除する方法を探してしまいます。一方 Asa の提案する「プロダクティビティプロキシ」は少し変わった動作をします。

【レポート】中国のGreat Firewallから学ぶブラウザの作業効率を改善するアイディア | エンタープライズ | マイコミジャーナル

プロダクティビティプロキシではコンテンツへのアクセスはブロックしない。かわりに、たとえばその日の最初のアクセスはフルスピードで実施されるものの、以降は散文的にロードが遅くなるようにする。数秒して目的のサイトが表示されないと、自然とサイトを閉じ、本来すべき作業に戻るようになるという。人間は新しいものを知りたいという欲求があり、作業中であってもついほかのサイトを開いて新しい知識を得ようとする。それは面白いことであったり暇つぶしであったりするかもしれないが、ともかくそうすることで脳は満足感を得る。ブロックせずにあえて遅くロードすることで、いらだちはそのサイトへ向き、自然とそのサイトを開かなくなる。結果として本来作業すべきことに集中することになる、というわけだ。

電子書籍フォーマット「EPUB」で縦書きとルビのサポート、来年5月には仕様完成の見通し

電子書籍フォーマット「EPUB」で縦書きとルビのサポート、来年5月には仕様完成の見通し - Publickey

EPUBはこれまで、縦書きやルビといった日本語で電子書籍を作るには機能が不足しているとされてきましたが、EPUBの国際化を進めるサブグループ「Enhanced Global Language Support」(EGLS)がこうした機能不足を解消すべく作業を進めており、来年5月には縦書きやルビを含む仕様策定が完了する見通しであることが分かりました。

今日はここで力尽きました。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. [2] http://r.mail.qq.com/cgi-bin/reader ... ex&source=folderlist