Firefox 3.6 Beta 1 プレビュー

2009年11月1日(日) 14時57分 by level
B ?

これは Mozilla Links 日本語版とのクロスポストです。

原文:Firefox 3.6 Beta 1 review by Percy Cabello -- October 30, 2009 - 8:32 pm

Firefox 3.6 Beta 1 がダウンロードできるようになりました!

レビューを始める前に、Firefox 3.6 は Mozilla のリリースの中では最も小さなアップグレードになることに注意してください。これ以前は、バージョンは 0.5(Firefox 1.0 から 1.5、3.0 から 3.5)または 1.0(2.0 から 3.0)ほど上がっていました。バージョン番号は数学的な厳密性をもって実態を反映しているわけではないですが、0.1 のバージョンアップはこの更新の全体の雰囲気を反映しています。今後、Firefox の開発は速いリリースサイクルに移行しようとしています。

Personas

疑いもなく、最も重要な新機能はペルソナとしても知られる軽量テーマのサポートです。これは、以前は Personas 拡張機能でのみ利用できていました。

ツールバーとステータスバーの背景画像として利用されるひと組の画像とテキストカラー設定によって構成されるペルソナは、作るのがとても簡単である一方、Firefox の見た目を大きく変えることができ、ユーザにとって簡単に実行できる表現手段となりました。

これを試してみるには、Mozilla Add-ons サイトに最近追加された Personas コーナーに行きます。ペルソナはサムネイルにマウスカーソルを乗せるだけでプレビューでき、(サムネイルをクリックして表示される個別ページで)Wear It をクリックすると継続的に適用されます。

テーマと同様に、ペルソナはアドオンマネージャのテーマページで管理されます。

Personas

タブブラウジング

Firefox はついにはタブのプレビューをサポートしました。ただしこの機能はデフォルトでは無効になっています。有効にするには about:config から browser.ctrlTab.previewstrue にする必要があります。タブを切り替えるために Ctrl + Tab を押すと、タブのサムネイルを含む水平バーが表示されます。

Ctrl tab preview

Ctrl + Shift + Tab を押すとロードしているすべてのタブがプレビュー表示されます。またタイトルでタブの検索ができるので、同時に20以上のタブを開いている場合にはとても役立ちます。

All tabs preview

about:

いくつかの特別な about: ページが追加されました。about:support は問題が起こっているユーザに役に立つ情報を提供するページを表示します。このページにはバージョン番号、カスタマイズされた設定、インストールされている拡張機能など、Firefox の詳細な設定情報が含まれます。これらのすべての情報は、サポートフォーラムや電子メール、チャットウィンドウに簡単にコピーできます。

about:support

about:memory は Firefox のメモリ使用量に関する詳細な情報を提供する最初の試みです。

about:memory

ユーザビリティ

ネイティブビデオが全画面表示で再生できるようになりました: ビデオを右クリックして全画面表示を選択します。関連したニュースとして、新しい全画面表示ボタンがツールバーに追加できるようになりました。

Video full screen

(リンクを中クリックしたときのように)ページから開かれたタブはすぐ右に開くようになりました。ユーザはそれが現在のタブと関連が深いことを知っているので、そのコンテンツへのアクセスが容易になりました。

小さいけれど重要な変更: Firefox が非コンテンツウィンドウ(アドオンマネージャやダウンロードマネージャ)だけの状態で終了後に再起動するときに、以前のように新しいウィンドウを作るのではなく、最後に閉じたウィンドウを復元するようになりました。

以前入力したウェブフォームの自動補完は frecency によってソートされるようになりました。これは利用頻度と最近の利用状況を統合した指標です。特別なケースでは非常に役に立ちます。

内部処理

以前発表された通り、Mozilla は Web Open Font Format (WOFF) をサポートします。WOFF には圧縮によりサイズが小さくなり、DRM を使うことなく特定のフォントのソースをトレースする機能を持つというメリットがあります。

Firefox 3.5 で導入された JavaScript のジャストインタイム最適化技術 TraceMonkey が、その機能において JavaScript に大きく依存しているユーザインタフェースでもデフォルトで有効にされました。

最後に、このベータは新しい Windows 7 のタブバーのプレビュー機能をサポートします。現時点ではまだバグが多いので採用してほしくないと思うかもしれませんが、これからの開発状況によっては中止されるかもしれません。

次のステップ

ダウンロード状況のタスクバーへの表示やジャンプリストなどの Windows 7 統合対応も行われていますが、Firefox 3.6 には間に合いません。

現在のナイトリーは pre 3.6 beta 2 とラベルづけされ、次のベータの存在をうかがわせます。これは最新のロードマップに沿ったものです。(訳注:hacks.mozilla.org によると、ベータユーザには今後1-2週間ごとに修正版が提供される予定です)

次の開発リリースまでに残っている機能は多くはありません。最終版に入りそうな機能の一つはタブごとのネットワーク優先付けです。 これは現在表示しているタブにはより多くのネットワーク帯域を割り当て、現在のウィンドウの他のタブには少なく、他のウィンドウにはもっと少なくして体感的な応答性を高めようとするものです。

いつものことながら、重要な課題は拡張機能です。現時点では、およそ半分が 3.6 開発リリース向けに更新されています。Add-on Compatibility Reporter をインストールすることによりこの数の増加を手助けすることができます。インストールすると、(Firefox 3.6に対応していないものも含めて)すべての拡張機能が有効になります。それらが正しく動作するかを確認して、アドオンマネージャから動作するかを報告することができます。

Add-on Compatibility Report
最終更新: 2009年11月4日(水) 23時33分

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。