再再インストール

2008年10月13日(月) 14時42分 by level
B ?

3週間前にWindows の再インストールを行ったのだが、諸般の理由により再度インストールすることになった。

MBR の復元と回復コンソール

そもそもの発端は、再インストールにより Giga Pocket の TV 録画機能が復活したものの、現在のディスク容量では4時間分しか録画できないので、使用頻度の低い Fedora のパーティションを開放しようと思ったこと。Windows XP と Fedora のデュアルブートは GRUB を使用しており、まずは MBR を Windows 用に復元する必要がある。

Windows の機能を使って MBR を復元するにはまず回復コンソールをインストール必要がある。通常はインストール CD から x:\i386\winnt32.exe /cmdcons とかやるのだが、VAIO のインストールディスクにはそのようなファイルが存在しない。そこで、VAIO のサイトで検索してみると、C:\WINDOWS\I386\WINNT32.EXE /CMDCONS で可能とある。早速試してみると、CD-ROM のバージョンと現在のバージョンが異なるというエラーが出る。Windows はすでに →SP2→SP3 とアップグレードしてあるのが原因だろうか。今更前のバージョンに戻すのはあんまりだ。そもそも SP2 のときのアンインストール情報は削除済みだし。

仕方がないので、GRUB をインストールしたときに保存してある MBR の復元を試みる。MBR のバックアップは記憶どおり USB メモリに発見。インストール時に参考にしたムックの記事通りに KNOPPIX から dd コマンドで復元を実行。バックアップ時に512バイトを読み出したのに復元コマンドでは446バイトになっている。気にはなったがそのまま実行して再起動すると、、、 あれ? やはり GRUB が立ち上がって、Windows XP を選択すると、、、起動しない! ディスクアクセスランプは点灯したまま。電源を落として、今度は512バイト分書き込んでみたが状況は変わらず。GRUB は生き残っていて、Fedora は起動するものの Windows は起動しないという最悪の結果だ! おまけに KNOPPIX から Windows の C ドライブもアクセス不能になった。C ドライブ御昇天!

もうこうなったら、ディスクをまっさらにして再インストールしかない。幸いにも、KNOPPIX から D ドライブは認識できていたので、重要な情報をすべて外付けディスクにコピーした(所要時間約2時間)。これが10月6日(月)の夜のこと。バックアップが必要なファイルは基本的に D ドライブに保存しおいたのが幸いした。ちなみに最初の再インストール時に行ったバックアップも残っていたが、2週間分の更新があるのであえて再度、全バックアップを取った。

再々インストール

前回は C ドライブだけの復元だったが、今回はディスクをフォーマット、パーティション分割後に再インストールだ。とはいえ手順的には前回とほとんど同じ。不要なプレインストールソフトを削除しまくって、Windows Update、各種ソフトのインストールとセットアップ。10月7日(火)の夜までに、家族用アカウントも含めてブラウザとメーラが使えるという最低限の状況まで復元し、残りのこまごまとしたものは週末までに無事完了。以下、忘備録をかねてのメモ。

プレインストールソフト

プレインストールソフトで残したのは以下のみ。

  • Giga Pocket:内蔵 TV チューナのコントロールに必須
  • DV Gate:ビデオ編集ソフト。購入直後にすこしいじっただけだが、デジタル情報のまま処理できるので念のため。
  • PowerDVD:DVD 再生ソフト
  • SiS の何か:たぶんビデオチップに関する何か。

ところで、Windows で動いているサービスを調べてみると、VAIO Photo Server が3個、VAIO SonicStage Server が2個動いていた。VAIO の画像、音楽系のソフトは全部アンインストールしたのでこれらは停止させた。他にも不要なサービスを停止させると軽くなるかもしれないが、今後少しずつ試してみることにする。

回復コンソール

あとあとで回復コンソールが必要になることに備えて、再インストール後、Windows Update をかける前に回復コンソールをインストールしておいた。すると、起動時にノーマル起動と回復コンソールの選択メニューが出るようになる。当面、回復コンソールは不要だし、目障りなので選択メニューを出さないようにしたい。

msconfig の BOOT.INI 欄などで設定できるかと思ったら、どうもできなさそう。結局、システムのプロパティ→詳細設定→起動と回復→設定で「オペレーティングシステムの一覧を表示する時間」のチェックをはずすと一覧表示が出なくなった。これは結局 msconfig の BOOT.INI でタイムアウトを0にするのと同じことらしい。

ボリューム アクティベーション

VAIO 同梱の Office XP をインストールし、ライセンスキーを入力するとすでに他のコンピュータにインストール済みなので電話でアクティベートしろというメッセージが出る。メッセージどおり、フリーダイヤルでボリューム アクティベーションに電話してみると、音声応答で6桁の数字を7個入力させられる。その後いくつか回答すると、「インストール制限回数を超えているので利用できない。オペレータに替わる?」との問い。オペレータに替わるしか選択肢はないのかとまごまごしているうちに電話を一方的に切られてしまった。仕方なく、再度電話してもう一度数字を入力して、オペレータに替わってもらう。ここでまた ID を聞かれる。おいおいまたあの数字を口頭で言うのかよと思ったが、最初の6桁だけで終了。今度は、再インストールするための6桁の数字7個くらいをオペレータの指示通りにダイアログに打ち込んで無事アクティベート完了。ふぅ!ちなみにボリューム アクティベーションの電話は年中無休24時間対応らしい。ご苦労様。

マイドキュメントを D ドライブに設定

デフォルトではマイドキュメントの実体は C:\Documents and Settings\ユーザ名\My Documents だが、これは任意のフォルダに変更できる。マイドキュメントのプロパティの「ターゲット」で「ターゲットフォルダの場所」の「移動」を選択すれば OK。マイドキュメントには写真や iTunes の音楽データなどが格納されてかなり肥大化するので、C ドライブ以外においておくとよい。なお、今回はマイドキュメントも含めて、バックアップが必要なデータ類はすべて D ドライブ下のひとつのフォルダに集中させた。これでバックアップもこのフォルダだけを対象にすれば大丈夫だ。

なお、制限ユーザのマイドキュメントを既存のフォルダに設定すると、別途アクセス制限の設定が必要になることがある。前回のエントリに少しだけヒントが書いてあるので、あとはググれ。

バックアップ忘れ

バックアップを忘れたものがあった。幸いにも致命的ではなかったが、再設定の手間を防ぐためにも次回以降は忘れないようにしたい。

  • IME のユーザ登録辞書
  • 共有ドキュメント
  • 各種ソフトの設定情報
  • GPG の鍵情報!

複数のユーザ間でファイルを共有できる「共有ドキュメント」は使用している意識はなかったが、極一部のファイルをここに置いていた。ファイルを開くときはショートカットから開いていたので気がつかなかった。共有ドキュメントの実体は C:\Documents and Settings\All Users\Documents のようだ。幸いにも、最初の再インストール時に C:\Documents and Settings のバックアップを取っていたのでそこから復元できた。このフォルダも D ドライブに移動したいところだが、普通はレジストリを編集しないとできないらしい。いじくるつくーるというソフトで可能という情報があり(詳細未確認)。

各種ソフトの設定情報は、とりあえず Apache の httpd.conf だけあれば、あとはそらで復元できる。ブラウザの設定情報は、Mozilla 系以外は不要で、再インストール時にまっさらから開始で十分。とりあえず今後は上記 D ドライブのバックアップ対象フォルダ内に設定ファイルを手動で保存するようにする。

GPG(PGP)の鍵情報(秘密鍵!)は前回の再インストール後に気が付いたが完全にバックアップ対象外であり後の祭り。公開鍵があっても、、、受信済みメールは閲覧もできないよねぇ。まあ、会社→自宅への給料明細の転送などに使用しているだけだったので大した問題ではない。鍵の生成から始めないといけないがまだ GPG のインストールもまだ。

インストールしたソフト

インストールしたソフト。

  • Firefox
  • Thunderbird
  • 7-Zip

  • EmEditor Free
  • iTunes
  • FFFTP
  • Cygwin:デフォルト以外では Perl、make、diff 必須。less と tcsh もだったかも
  • Apache
  • プリンタドライバ
  • Picasa2
  • Google Earth
  • ウィルスバスター2009:デフォルトだと IE と Firefox に勝手にツールバーが付く。その他のツールからTrendツールバーをアンインストールする。
  • Office XP Personal:バンドル品
  • PowerPoint 2000:単体購入品
  • その他のブラウザ:Opera、Safari、Google Chrome、Lunascape。あとは必要に応じて。
  • すっきり!! デフラグ

インストールが不要なソフトはバックアップから復元。

  • Susie:画像閲覧
  • CapWrite:スクリーンショット
  • Dibas:画像編集
  • MDIE:タブ拡張されたエクスプローラもどき
  • YTClock:マウス操作が透過する時計
  • Change Key:キーボード入れ替え(今回 AltIME から乗り換え)
  • Disk Mirroring Tool:バックアップ用。差分バックアップの他、例外指定もでき機能的に十分。

NTFS でアクセスできないフォルダ

KNOPPIX でマイドキュメントのバックアップをとった際、iTunes のアルバム単位のサブフォルダでアクセスできないものが3個あった。エクスプローラから D&D で丸ごとコピーしようとしてもエラーになるので、絞り込んでいってようやくこの3個にたどり着くことができた。ちなみにバックアップ元、バックアップ先ともに NTFS。エクスプローラで見るとフォルダ名が文字化けしており、いかにも SJIS や EUC では表現できなさそうなラテン系の特殊文字が化けていそうな雰囲気。

  • Melodias del Coraz?n
  • B?te Noire
  • La situation est grave mais pas d?sesp?r

これらのフォルダは、開くこともできないし、リネームも削除もできない。おそらく NTFS で使用できない文字が使用されているのだろう。これとは別に Windows 上からとったバックアップもあるのでそちらをのぞいてみると文字化けはしていないが、中途半端な名前のフォルダがあり中身は空だった。もともとの C ドライブ上のフォルダ名がどうなっていたか不明だが、気味の悪い現象だ。ここに保存されていたと思われる曲データは、たぶん大したものではないはずだ。

最後にデフラグ

一通りのインストールが終わったら、C ドライブにすっきり!! デフラグを実行。感覚的には前回の再インストール時よりもさらに軽くなった気がする。再インストール前に比べて前回が1.5倍、今回は2倍程度軽くなったようだ。

最終更新: 2008年10月14日(火) 12時47分

コメント (4)

1 10/14 00:57 tっl
(c1) [2008/10/14 00:57:01] by tっl

MBRの復元は、FreeDOSでマシンを起動してfdisk使う方法も良いみたいです

2 10/14 17:21 読者
(c2) [2008/10/14 17:21:33] by 読者

激安サーバーでも買ってそっちに移行した方が吉だと思う・・・。
一番安い激安サーバーだとモニター無しOS無しとはいえ1万円でそれ以外が揃っちゃいますから。

3 10/14 22:59 level
(c3) [2008/10/14 22:59:35] by level

FreeDOSはCDやUSBメモリでも起動できるようですね。いざというときのために覚えておきます。

Apatcheは入れていますが別にサーバを立てているわけではありません。

4 10/15 18:33 読者
(c4) [2008/10/15 18:33:18] by 読者

いや、そういうことじゃなくて激安サーバーをPCとして転用してみては?っていう話です。ML115 G5(hp)だとかSC440(DELL)だとかExpress5800/Ge(NEC)だとか。自作するのより安くつく場合もありそれなりに流行っています。それぞれ癖があるし、ハード的な知識もそこそこ必要にはなるのですがお勧め。

ただ、現在は、9月の決算時期が終わってしまったのでML115 G5以外を1万円~2万円で新品を入手するのは難しかったりします・・・。次は3月になるでしょう。

でもヤフオクでなら新品未開封ものなどが同等の価格で売っています。中古のため保障が無くなるのでコストパフォーマンスは落ちてしまいますけど。

ML115 G5(メモリと光学ドライブとOSとグラボを足せばなかなかのスペックです、それだけ足しても下手にBTOで買うより安くすみます)
http://nttxstore.jp/_II_HP12591344

↓は、2万9千円ですがグラボが初めから付いていたりと他の激安サーバーに比べて手間がかかりません。
http://nttxstore.jp/_II_P812575242

まぁ、情報までに。自宅にSC440がありますがサーバー機とは思えないぐらい
静かです。ほぼ無音。ネットの情報ではML115 G5は、起動時だけ物凄い音がするようです。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。