親不知を抜いた

2008年8月5日(火) 22時6分 by level
B ?

昨日の夕方、親不知(親知らず)を抜いた。前回、10年位前に抜いたときも、年配の女医さんが30分くらいかけて抜いてもらったが(あごにタオルを載せてそこをペンチのてこの支点にしたものだから後で見るとあざになっていた!)、今回もやはり途中麻酔を2回も追加してもらって20-30分くらいかかった。ペンチで引っ張ぱれるときぎしぎしするわ、歯の周囲をぐりぐりするわ(たぶん歯の周囲の肉をはがしていたのだろう)で、麻酔が効いていなかったら大変なことなんだろう。抜いたのは左下の奥歯で、二股の根元が少し広がっていてしっかりはまっていたようだ。

止血のために3時間くらいガーゼを噛んでおくようにとの指示だったが、血と唾液ですぐにぐちょぐちょになってしまう。麻酔が切れてくると痛みが出てきたので、痛め止めを飲んだが利かないので2回分しかないのに全部飲んでしまった。痛くて、何もする気が起こらないので結局9時半に寝てしまった。痛みで眠れないかと思いきや、意外とすぐに寝付けて普通に朝まで寝ることができた。起きた後、寝るときにかんでいたガーゼを吐き出してうがいすると口の中は血だらけで、まだ痛みも少し残っている。そのまま、普通に朝食を食べて会社に行ったが、午前中仕事をしていると、気がつけば痛みは治まっていた。さすがに食事中に抜いた部分でかまないようにしているが、どうしても抜いた跡に食べかすが入ってしまう。うがいをすると血にまみれたご飯粒が出てきた。痛みが治まったのは何よりだ。

ちなみに、一番最初に歯を抜いたのは学生時代で、虫歯の治療のついでに邪魔な親不知をまとめて3-4本も抜いてもらったのだが、そのときはあまり苦労した記憶が無く、むしろ余分なものが無くなってすっきりした気がしたものだ。そのときの記憶が強く残っているので「親不知、抜いちゃえ!」という気になってしまうのだが、さすがに次は考えたほうが良いかもしれない。今回抜いたのと反対側にまだ1本残っているはずだが。

8/6追記

昨日寝るときに枕に大きな血の跡がついていているのに気がついてギョッとしたが、どうやら一昨日の就寝時のよだれのようだ。ort

親知らずを検索してみて気がついていたが、親知らずの意味を完全に勘違いしていた。てっきり乳歯の抜け損ないを親知らずというのかと思っていた。親知らずって、4本しかないんだ。ort よって、むやみに抜けば良いものでもないんだね。そこのところも完全に思い違い。もう3本も抜いてしまったじゃないか。

ということで、学生時代に「まとめて3-4本も抜いてもらった」というのは明らかに間違い。今残っている親知らずは右下の1本だけなので、記憶をたどってみると歯に関する大きなイベントは都合3回。以下のようだ。

  1. 学生時代、左下奥歯に金属をかぶせてもらった機会に、余分な歯をおそらく、上の親知らず2本、右上の犬歯の内側に生えていた余分な歯を抜いてもらった。もう1本内側の歯を抜いたかもしれない。
  2. 10年ほど前、学生時代に治療した歯が悪化して、すでに神経を抜いて土台だけになっていた永久歯を抜歯。これが女医さんをひいひい言わせた問題の歯だろう。抜いた後は両側からブリッジを渡した。このブリッジは今まで非常に良く働いてくれていた。
  3. 2ヶ月前、そのブリッジが外れたので再度ブリッジを作り直し。隣接する奥の親知らずがこの土日に急に痛み出し、かみ合わせの上側も無いことだし今回抜いてもらった。
最終更新: 2008年8月6日(水) 22時11分

コメント (7)

1 8/05 23:58 あ
(c1) [2008/08/05 23:58:58] by

> そのときはあまり苦労した記憶が無く

> さすがに次は考えたほうが良いかもしれない。今回抜いたのと反対側にまだ1本残っているはずだが。

今回左下で、反対側に残っているということは、以前に抜いたのは上で残っているのは右下ですね?
下は、上と比較すると大変な場合が多いので、上の記憶をもとに下を抜くと「こんなはずじゃなかった!」となるんでしょうね。

2 8/06 12:23 skn
(c2) [2008/08/06 12:23:12] by skn

はじめまして。
2か月で4本親知らずぬいたものです。
左上、左下、右上、右下を2週間くらいずつ抜いたのですが、最後の右下はさすがに顎が腫れました。
でも、口の中もすっきりするのでいいですよね

3 8/06 13:04 by
(c3) [2008/08/06 13:04:51] by by

昔、1本だけ抜きましたが、かなり大変でした。ずっぽり埋まっていたらしく、麻酔5〜6本を使ってから歯茎を切開。麻酔が切れたあとは発熱もありました。以後、普通に食事ができるようになるまでの約2週間はほぼ流動食。口を開くこと自体が困難になるため、最初は会話もままなりませんでした。実はもう1本埋まっていて、できることなら抜いた方が良いと言われてますが、麻酔を使用すると血圧が急激に下がってしまう体質のため、そのまま放置しています。

4 8/06 19:27 にょもす
(c4) [2008/08/06 19:27:19] by にょもす

3月に抜きましたー。
上を抜いたときは一瞬だったのでこんなもんかーと思ったんですが、下は結構大変だったのでこんなエントリー書きました。
http://nyomos.blog71.fc2.com/blog-entry-366.html
こういうのもいい経験ですね。
残る2本の親知らずは抜かなくてもいいよと言われたので放置してます。

5 8/06 22:14 level
(c5) [2008/08/06 22:14:38] by level

追記にも書きましたが、親知らずのことを完全に誤解していました。
親知らずを抜くのって結構大変なことなんですね。
3本目を抜いて気がつくなんて、、、

6 8/06 23:07 Shadow912
(c6) [2008/08/06 23:07:41] by Shadow912

親知らず… 詳しくは知りませんが、不都合がないのならむやみには抜かないほうがいいのでしょうね。以下は、私の親知らず歴?
左上:中学時代に普通に生えてきた、特に痛みもなし
左下:高校時代に生えてくるそぶりを見せたが、歯茎の腫れ&強烈な痛みに苦しむ。あまりに腫れたため、左上の親知らずによって歯茎に穴が開いて、そこだけ見えている状態に。その後腫れ、痛みも引いたため以降、10年以上そのまま放置… しかし。
右上:-
左下:-
左下の親知らずの穴ぼこは、フライ系や肉系の食事を取ると食べかすがはまり込んで痛みや違和感が出るものの、爪楊枝で除去すれば特に問題はでず。一応、歯磨きの際にも気をつけてはいた。が、あるとき出張先でカツ丼を食べていると、いつもと違った強烈な痛みが発生。いくら爪楊枝で探っても食べかすもなし。
出張後、歯医者へ駆け込むと「そこまで痛いのであれば抜くしかありませんね」とのこと(このときのレントゲン写真によって、左下の親知らずは斜めに生えていて、手前の奥歯に引っかかって生えきれないことが判明。ついでに、右上は存在せず、右下は完全に横を向いていることも判明)。
鎮痛剤、化膿止めを処方され、腫れ、痛みが引いた一週間後に除去手術。苦闘30分の末に抜けた親知らずは… 長年の食べかす攻撃のせいでしょう、虫歯によってほぼ完全に空洞化していました。そりゃ痛いわけですw

7 8/07 07:29 換骨奪胎
(c7) [2008/08/07 07:29:49] by 換骨奪胎

40を過ぎているので歯肉炎は日常茶飯事。右下奥歯の辺りが痛み出し「またかよ」と思っていたら,なかなか痛みがおさまらない。こそっと舌を当ててみると硬いものの感触が。「この年になって親知らずが生えてきた。まさに親知らず!」
30代の後半に左下の親知らずを抜いてもらいました。抜歯好きの歯科医を選んだのですが「この生え方だと神経を傷つける可能性があるし,また血管を傷つけて止血ができなくなるかも」とびびる。仕方なく歯科医をかえ,嫌がるところを「いいですから,お願いします」と強引に抜いてもらいました。念書は取られなかったですけど。10何年来のうっとうしさから一気に解放されました。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。