Computerworld.jp の誤訳

2008年2月16日(土) 11時20分 by level
B ?

Computerworld.jp の Firefox 3 Beta 3 に関する記事の誤訳。

Mozilla、「Firefox 3.0」のベータ3をリリース : ソフトウェア&サービス - Computerworld.jp

今回のベータ3では、サイクル・コントローラ「XPCOM」をサポートすることで、多くのメモリ漏洩の脆弱性が解消されると言われている。XPCOMとは、メモリの利用状況を定期的にチェックし、使われていないメモリを開放する機能のことだ。

元記事は以下のとおり。

Mozilla delivers Firefox 3 Beta 3

Firefox 3 Beta 3 also uses an XPCOM cycle collector that, said Mozilla, "completely eliminates many more [leaks]." The cycle collector, which periodically checks memory usage and tries to free any unused memory, has been in play since last summer, but as Beta 3 development has proceeded, more of its code has been written or rewritten to support the collector.

一部省略されていますが、明らかに読み違えています。正しくは:

今回のベータ3では、XPCOM の「サイクル・コレクター」をサポートすることで、多くのメモリ漏洩が解消されると言われている。サイクル・コレクターとは、メモリの利用状況を定期的にチェックし、使われていないメモリを開放する機能のことだ。

なお、サイクルコレクタについてはリリースノートでも触れられています。

Mozilla Japan - Firefox 3 Beta 3 リリースノート

[Beta 3 での改良] メモリの使用: これまで 350 を超える個別のメモリリークが発生してきましたが、新しい XPCOM サイクルコレクタ はそれ以上のメモリリークを完全に排除します。(キャッシュされたオブジェクトをより短時間で解放することにより) 開発者はメモリの使用を最適化し、断片化を削減するために引き続き取り組んでいます。Beta 3 には、前回のベータ版以降、50 以上のメモリ使用量の改善が含まれています。

いずれにせよ、メモリリークが減るのは朗報です。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。