Mozilla Corporation の CEO と IPO

2008年1月11日(金) 23時49分 by level
B ?

Mozilla Corporation で最近、ニュースが二つありました。

John Lilly が Mozilla Corporation の CEO に

Mitchell Baker に替わって、John Lilly が Mozilla Corporation の CEO に就任しました。Mitchell は引き続き Chairman(会長)にとどまり、さらに Mozilla Foundation の会長でもあります。

Mozilla Japan - プレスリリース - Mozilla、John Lilly を CEO に任命

CEO として Lilly は Mozilla Corporation の製品、技術および運営を主として担当し、Baker は、標準、相互運用性、データ処理、ならびに公益法人を支援するための市場メカニズムの利用などのインターネット開発に関連する側面の変化に影響を与えるために Mozilla の目標実現とマインドシェア獲得を主として担当します。

実際には、現在の仕事に見合う役職とミッションを与えたもので、今までと何かが変るものではないようです(FAQ)。

ところで、Mozilla の組織には Mozilla Organization、Mozilla Foundation、Mozilla Corporation といろいろあって面倒ですが、Wikipedia から引用すると以下のようになります。

Mozilla Foundation - Wikipedia

1998年2月23日、 Netscape によって Mozilla Application Suite の開発への協力を目的としたMozilla Organizationが設立された。

Netscapeの親会社である AOL によるMozilla Organizationとの関係の劇的な縮小に伴い、2003年7月15日、Mozilla Foundationが設立された。これによりMozillaは Netscapeとの関係を完全に切ることと成った。

2005年8月3日、 Mozilla Foundationは完全子会社である Mozilla Corporationを設立した。 Corporation は Mozilla Firefox 、Mozilla Thunderbirdのリリース計画、マーケティングおよび関連活動について責任を負うこととなった。さらに企業とも関係をもち、大きな収益を上げるようになった。 Corporation は課税対象となる会社であり、Foundation とは異なり収益や企業活動の面で大きな自由度を持っている。

つまり、現在は上に非営利団体の Mozilla Foundation があって、その完全子会社として営利団体の Mozilla Corporation があることになります。Mozilla Organization はもう存在しません。あと、Thunderbird の開発を引き継ぐ Mail Corporation というのが設立されたか、されるかするはずなんですが Thunderbird 関連は最近音沙汰無しです。

Mozilla Corporation が IPO?

次は正月早々に飛び込んできたニュース。

Mozilla Links 日本語版: Mozilla の IPO で40億ドル…そこで目が覚める

Silicon Alley Insider の証券アナリスト Henry Blodget が今日、 Mozilla Corporation は株式公開するという 分析を発表しました。その内容は:

  • 現在の税引き後利益が3500万-1億ドルであることから、彼はIPO(新規公募)の価値は15億-40億ドルの範囲であると見積もっている。
  • それは今年か来年である。
  • それは莫大な金を生み出す。継続参加を維持するために4年間の受給権を伴うストックオプションがコア貢献者に分配される。

新 CEO となった John Lilly が早速それはありえないと反論しています。Netscape も IPO 後失速したし、やはりありそうにない話しです。

ちなみにこの人は暮れの Netscape の死亡宣告を受けて、Mozilla が Netscape ブランドを購入して、Firefox を Netscape Firefox に改名しろという提案をした人でもあります。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。