Thunderbird のスレッド表示まとめ

2007年8月11日(土) 6時50分 by level
B ?
Tags: Thunderbird, Tips

Thunderbird のスレッド表示のまとめです。

スレッド表示とは

メッセージが一覧表示されているスレッドペーン内で、メッセージをその親子関係からツリー表示するのがスレッド表示です。以下のスクリーンショットは上がスレッド表示、下がフラット表示です。

Thunderbird のスレッド表示 Thunderbird のフラット表示

一つの話題に対して返信を繰り返した場合、あとでメッセージから議論を振り返るとき、このようにメッセージの親子関係を表示してくれると議論を追いかけるのが楽になります。

スレッド表示とフラット表示を切り替えるに方法はいくつかあります。

  • 「表示」メニュー→「並べ替え順序」→「スレッド」または「非スレッド」
  • 見出しのスレッドアイコンをクリック(スクリーンショットでは件名の左側。デフォルト状態では一番左端にあるはずです)

スレッドは以下の優先度によって決められます。

  1. References ヘッダ
  2. In-Reply-To ヘッダ
  3. Subject ヘッダ(件名)

なお、これ以外の手段でスレッドを構築することはできません(直接ヘッダを編集すれば可能ですが)。

いつでもスレッド表示

デフォルトではスレッド表示の状態でスレッドペーンの見出し部分の「件名」や「送信日付」をクリックするとスレッド表示が解除されてしまいます。これを常時スレッド表示するには設定エディタ(about:config)から mailnews.thread_pane_column_unthreadsfalse に設定します。これにより、スレッド表示の状態で件名や日付によるソートを行うことができます。

Thunderbird のスレッド表示1 Thunderbird のスレッド表示2
件名によるスレッド化を抑制

デフォルトでは同じ件名のメッセージは同一スレッドとみなされます。これは、完全に同じ件名のをもつ場合と、先頭に Re: が付加された件名をもつ場合が対象となります。

Re: のみスレッド化Thunderbird のフラット表示

ここで、mail.thread_without_refalse に設定することにより Re: が付加されたメッセージだけをスレッド化することができます(上図)。

一方、mail.strict_threadingtrue に設定すると件名によるスレッド化を完全に抑制できます。

これら設定の変更を既存のメッセージに対して有効にするには pref を設定した後、要約ファイルを作成しなおす必要があるようです。しかも1回ではだめなこともあります。

検索フォルダのスレッド

検索フォルダでもスレッド表示が可能ですが、それには条件があり、検索対象フォルダが1個だけの場合です。複数のフォルダを対象にしている場合はスレッド表示はできません。

スレッドの崩れを回避

メッセージが受信した順(親→子→孫の順)に保存されていれば問題ないのですが、 手動でフォルダ間をメッセージの移動・コピーを繰り返した場合、メッセージを保存している Mbox ファイル内でのメッセージ並びによってはスレッドが正常に構築されないケースがあります。この問題は次期 Thunderbird 3で修正される予定です。最新の開発版では、mail.correct_threadingtrue に設定することによりこの問題を回避することできます。

スレッド単位の選択

スレッド表示のとき、親メッセージのスレッドアイコン をクリックするとそのスレッド全体を選択することができます。また、Ctrlを押しながらアイコンをクリックすると複数のスレッドの選択となるので、そのままドラッグして簡単にスレッド単位で他のフォルダに移動ができます。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。