Thunderbird の未来(2)

2007年7月28日(土) 10時8分 by level
B ?

Mozilla Foundation の トップ Mitchel Baker より Thunderbird を分離させるという提案があり、これを受けて Thunderbird の開発リーダである mscott から彼の考えが提示されました。

Mitchel の提案は、Thunderbird を以下のいずれかの形態で分離させようというもの。

  1. Mozilla Foundation と同じ形態の非営利団体として
  2. Mozilla Corporation のような Mozilla Foundation 内の子会社として
  3. SeaMonkey のようなコミュニティプロジェクトとして

このことは、事前に Thunderbird のリーダである mscott と David、それに Mozilla の主要メンバーとの間で合意がなされていたようです。一方、Mozilla に大きな影響力を持つ Google には一切話をしていないとのことです。

すでに、mscott は、上記オプションのうち 3 をベースに、寄付やサポートからの収入を主な収益源とした営利目的の会社を立ち上げることを考えているようです。(リンク集。ここまでの概要は INTERNET Watch の記事がよくまとまっています。)

ここ数年の Thunderbird の状況は、Firefox の陰に隠れて、おまけ的、日陰的な存在でした。明確なロードマップやリリーススケジュールが示されるわけでもなく、Firefox がリリースされたらなんとなく出てくるといった感じ。開発リソースも十分ではなく、実際、リリースに必要な QA などの作業にあたるメンバーの大半は Firefox とのかけもちであり、彼らの heroic efforts によってなされたと mscott は述べています。おそらく Thunderbird に割り振られたのリソースは Firefox の1/10程度ではないのでしょうか。

思えば、2004年のエイプリルフールに発表された Gmail が、メールの世界に大地殻変動をもたらしました。まだまだ一般ユーザの中にはメールクライアントを利用するケースは多いと思いますが、少なくともギークな人たちは Gmail を初めとしたウェブメールのほうに移行してしまったのではないのでしょうか(私も個人利用分に関してはそうです)。

ギーク層に利用されないツールの未来はけっして明るいものではないでしょう。そういう意味では、Mitchel のブログの後半に延べてあるように、メールの未来における新しいビジョンを描くということが、Thunderbird の未来に向けても重要になってきます。今のままの形態では、現状を維持できても拡大することは難しいでしょう。いや現状維持すら難しいかもしれません。

今後、Thunderbird が生き延びていくには以下の二つの方面で魅力ある製品を提供していく必要があるでしょう。

  1. 個人ユーザにとって魅力的なメールクライアント。これは少なくとも、Gmail のようなウェブメールとの連携、あるいはそれに対抗できるような新しい仕組みが必要でしょう。
  2. 企業内で利用してもらえるメールクライアント。おそらく新会社の収益源は企業向けサポートがメインとなるでしょうから、これは重要です(おそらく、現在の Thunderbird の主要な収益源はそれでしょう)。多くの人が指摘するように、スケジューラ機能の統合は重要な要素となります。

個人的には、どういう組織で運営していくかはあまり気にしません。抽象的でこ難しい理念云々もしかり。Firefox の動向に影響されない、独立したリソースとビジョンを持って活動できることが重要です。少なくとも現状のペースでの開発が継続されることを期待します。いつの間にか名前を聞かなくなった、というようなことが無いよう祈りたいです。

収益に関して、寄付やサポート料でやっていけるのかという懸念も見かけますが、多くのオープンソースプロジェクトがそうしているのですよね。むしろ、だまっていても検索エンジンのアフィリエイトが入ってくる Firefox が特別な存在であるといえます。サーバなどのインフラ面では MO の支援が期待できます。

ちょっと気になるのが、本体で Thunderbird が分離した場合、Mozilla Japan として Thunderbird をどうして行くかということです。すでにダイキン(12)などいくつかの企業向けにサポートを行っているはずで、簡単に手を引くわけには行かないと思いますが。

コメント

コメントはありません。

トラックバック (1)

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. [52] http://beau.g-com.ne.jp/mon-extension-memo07_07-6.html