ミョウガが旬

2007年7月22日(日) 16時18分 by level
B ?

ちょうど今が旬のミョウガだが、うちの裏庭でたくさん取れる。

ミョウガの群生

ミョウガはこんな裏庭のじめじめしたところに生えている。 ぱっと見、クマザサのようにも見えるが葉や茎はずっと柔らかい。さわるとしっとりと吸い付く感じがする。

ミョウガの花蕾

下草をかき分けると食べごろのミョウガがたくさん見つかる。地面から顔を出す花蕾とよばれる部分を食べる。どれも食べごろ。このままほっておくと白い花が咲く。

食べごろのミョウガ

なかなかおいしそう。 しゃきしゃきした歯ざわりと、独特の苦味が心地よい。調理方法はいろいろあるようだが、我が家はもっぱら、味噌汁の具、蕎麦やソーメンなどの薬味、またはそのまま生で食べている。

追記:写真の3個を、1個は山芋の千切りの薬味として刻んで、2個はそのまま丸かじりで食べてみた。うーむ、刻んだほうが香りが良く出るな、やっぱり。

ちなみに、収穫したのは土曜日で20個あまり。写真はその後の未採取のものを撮った。例年の経験から言うともうしばらくは楽しめる。

最終更新: 2007年7月22日(日) 21時49分

コメント (1)

1 7/23 07:50 通行人
(c1) [2007/07/23 07:50:12] by 通行人

「みょうがたけ」と言って新芽なら、茎の方も食用になるらしいですねぇ。
まぁ、晩春でしょうから、今更遅いですけどね。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。