Web 標準の日々(2)

2007年7月18日(水) 12時51分 by level
B ?

The Days of Web Standards [Web 標準の日々]参加報告その2。その1はこちら

B6 Opera~Web standards everywhere

Opera のさまざまな Web 標準への取り組みの話(ECMA Script、Widget、Video/Audio、Formes 2 、Web API)。Opera や Google が推進する Widgets(Gadgets)は標準化を目指しているそうで、そうするといずれ Firefox でも使えるようになるのでしょうか。

チャールズさんは、指輪物語のドワーフのような風貌(ただし、横幅だけでなく身長も高い)で、遠くから見かけて一目瞭然。一つの質問で5分くらいしゃべる饒舌家。

B7 Internet Explorer の開発・フィードバックプロセスと業界標準への取り組みについて

次期 IE は、日本ユーザ向けのβプログラムをやりますよという話。オフレコの話もいろいろ混ざっていたようなのでさらりと紹介します。

  • 優先順位は英語→日本・ドイツ→その他の順。日本は優先度高い。
  • 従来βテストは Technical Beta Program がメイン。クローズドで NDA 必要。IE7 の時は日本人2000人、うちアクティブユーザは50人。
  • 仕様変更要求はβサイクル中に出さないと無理。後になるほど修正の敷居(Bug Bar)は高くなる。
  • 日本向けに Technical Beta の前に(だっけ?)ベータテストを広く募集する(8月?)。CSS Nite とかの案内を注意。誰でも参加可能。とくに Web 標準サポートに対するフィードバック希望。
  • IE の情報公開とコミュニケーションは IEBlog が中心。英語のみ。
  • IE7 の自動更新は、7月のスケジュール発表が延期に。日本が一番最後。

五寶(ごほう)さんがマイクロソフトとしてはかつてない?意気込みをかなり熱く語ってくれました。次期 IE の具体的な機能等に関しては言及がありませんでしたが、この後のパネルのときに、Opera がもってるあの特徴的な機能っぽいものをやるようなニュアンスの発言がありました。これからは国内ユーザとの対話を重視するということで、今後の対応が注目されます。マイクロソフトといえば、現在はグーグルに移籍された及川さん(ちょうど裏で公演中)がかつてブログで積極的な発言をされていましたが、五寶さんにもぜひそれを引き継いでほしいですね。

B8 パネル・ディスカッション:ブラウザはどこに向かうのか?

Web 標準の日々、パネル・ディスカッション:ブラウザはどこに向かうのか?

午前とは打って変わって、20人以上の立ち見が出る大盛況。木達さんのモデレートもうまく、なかなか中身の濃いパネルでした。

Web 標準に対する各陣営の考えは、記憶とメモが一致してなくて若干混乱していますが、たぶんこんな感じではなかったでしょうか。Mozilla:文書化された仕様が必要。場合によっては IE の非標準機能など互換性のために対応することも。IE:標準準拠を目指しているが、過去のバージョンとの互換性の問題があり対応が遅れている。Opera:標準がすべて。リーバースエンジンニアリングもやむなしといったのは Mozilla だったか Opera だったか、、、

木達さんお気に入り?の Microformat の対応は、Mozilla は前述のとおり Fx3 での対応に向けて作業中、IE は予定無し、Opera は Microformat に懐疑的な意見と対応が分かれました。

ユーザとの対話に関しては、Mozilla はもともとオープンソースなんですべてがオープン、IE は前セッションのとおり、国内向けのユーザとのコミュニケーションを密にしていきます、Opera は、昔は非常に閉鎖的だったけど、今はかなりオープンになってきている(ブログ、Weekly Build、ピザをおごらせる会へのテッチャンの参加など)。

最終更新: 2007年10月14日(日) 21時25分

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. 閾値以下のデータしかありません。