サイト毎の文字サイズの保存

2007年6月21日(木) 23時9分 by level
B ?

Trunk で Site Specific Pref が有効になり、サイト毎の文字サイズの拡大縮小の設定が保存されるようになりました(Bug 378549)。例えば、えむもじらで文字サイズを一つ大きくして、えむもじらの別のページを新規タブに開くとそちらも文字サイズが大きくなっています。新しいページで文字サイズを元に戻し、元のタブに戻るとそちらの文字サイズも元に戻っています。もちろん、再起動して覚えていてくれます。CNET Japan などの巨大サイトでもサイト単位で設定を覚えておいてくれて、これは非常に便利です。

Page Info: Firefox 3

ざっと見たところ、まだ、UI や Pref には反映されていないようですが、そのうち、Page Info の Permissions に反映されたり、Cookie や JavaScript と共に統一の取れた UI で制御できるようになるといいですね。

フォントといえば、フォントの詳細設定にある「Web ページが指定したフォントを優先する」を言語単位で設定できたらなぁと思っています(Pref でいうと browser.display.use_document_fonts)。英文フォントはサイトの指定に従い、日本語だけ自分で指定したフォントを優先するというのが希望です。普段「メイリオ」で表示しているので、サイトが「MS Pゴシック」を指定していたりすると見栄えが悪くてがっかりしてしまうのです。

最終更新: 2007年7月7日(土) 10時9分

コメント (3)

1 6/21 23:39 オオカミ
(c1) [2007/06/21 23:39:51] by オオカミ

自分のブログで、ふだんh2からh4に"Times New Roman"を指定しているんですが、日本語部分が当然混じることがあって、その部分がFirefoxでの「明朝体」の指定が反映されてしまうんですね。これってどうしてなんでしょうね?

2 6/22 21:33 level
(c2) [2007/06/22 21:33:22] by level

欧文フォントが指定されている場合でも日本語の場合は適当に補ってくれるようになっているのだと思います。Times New RomanはSerifなんで日本語のSerifの設定が有効になるんでしょう。

3 6/30 23:39 あ
(c3) [2007/06/30 23:39:52] by

> 自分のブログで、ふだんh2からh4に"Times New Roman"を指定しているんですが、

ご自分で、"Times New Roman" だけでなく Serif も指定しているのではないでしょうか。
Serif であれば、明朝体 (serif) の指定が使われます。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. [57] http://beau.g-com.ne.jp/mon-extension-memo07_07-2.html