Firefox 狙うUSBワーム

2007年5月15日(火) 22時37分 by level
B ?

ちょっとあおり気味のタイトルだが、Firefox の脆弱性を狙って感染するというのではなく、感染すると Firefox が起動できなくなるというもの。

どうやって感染するのだろうと思ったら、USB メモリ上の exe ファイルを実行することにより感染するということだった。exe ファイルを実行してしまったらば何をされても仕方がない。こいつは感染後、USB メモリなどをスキャンしてそこに自身のコピーを作るという。USB メモリを媒介として、人の手を介して、本物のウイルスのように、ゆっくりじわっと感染が広がっていくということか。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。