ケータイのメールの種類が多すぎてわけわからん

2007年1月14日(日) 11時10分 by level
B ?
Tags: その他

ソフトバンクのホワイトプランが発表されて、基本的に家族間の連絡程度しか使用しない我が家でも乗換えを検討しました。電話のほうは、ソフトバンク同士の1時から21時までは通話し放題、それ以外は20円/30秒と分りやすいのですが、メールのほうが、カタログに書いてあるだけでもSMS、MMS、スカイメール、S!メール、スーパーメール、ロングメール、ロングEメールなどとあり、はっきりいって訳が分りません。これらのメールがどう違うのか、カタログにはどこにも載っていません。

そこで、ググって見つけたのが以下のソフトバンクのページ。うちは 3G なので、基本的に SMS と S!メール(MMS)の2種類だけと考えればよいようです。確かにうちのケータイの受信メールのアイコンも、SMS が文書アイコン、MMS が封筒アイコンで区別して表示されています。

ただ、良く分らないのが、明細書にあるパケット料。うちは全員、ウェブアクセスはしていないのですが、唯一友達とのメールのやりとりを頻繁に行っている長男のケータイのみ、毎月パケット料が1000-2000円程度かかっています。メールでもパケット料がかかるのか、あるいは知らないうちにウェブアクセスしているのか? で、料金表を見てみると、スーパーメールだけが、単位が一通単位ではなくパケット単位になっています。これはスーパーメールを受信するときはパケット料金がかかるのでしょうか? 

ということで、メールしか使わないのになぜパケット料が必要なのか? というのが現在の最大の関心事です(というか、2年近く使っていて今さら騒ぎ出すのもあれですが)。ちなみに、1年前までは、パケット料は無く、MMS 料金がたくさんかかっており、最近は MMS が少なく、パケット料が多くかかっているという状況です。

SoftBank 3G メールの特徴
メール名称 サービスの特長 最大送受信容量 料金の特長(受信料)
S!メール(MMS)
  • アレンジメール
  • ムービー写メール
  • 写メール
  • 海外での利用可
300Kバイト(※1) 全角最大128文字相当(※2)まで
受信料無料
SMS(※3)
  • ソフトバンク携帯電話同士、電話番号でメッセージ送受信可
  • 海外での利用可
140バイト
(全角最大70文字相当)
受信料無料
SoftBank 2G メールの特徴
メール名称 サービスの特長 最大送受信容量 料金の特長(受信料)
S!メール
(スーパーメール)
  • ムービー写メール
  • 写メール
  • ソフトバンク携帯電話同士、電話番号でメッセージ送受信可
30Kバイト※1 全角最大
192文字相当※2まで
受信料無料
S!メール
(ロングメール・
ロングEメール)
  • 写メール
  • ソフトバンク携帯電話同士、電話番号でメッセージ送受信可
6Kバイト※1 全角最大
192文字相当※2まで
受信料無料
スカイメール・
スカイEメール
  • ソフトバンク携帯電話同士、電話番号でメッセージ送受信可
128バイト
(全角64文字相当)
受信料無料

コメント

コメントはありません。

トラックバック (1)

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。