スパムあれこれ

2006年12月25日(月) 21時27分 by level
B ?

風評スパム

会社のメールサーバにスパムフィルタが導入されて全くといっていいほどスパムが来なくなったのですが、今日珍しくスパムが2通届いていました。Thunderbird ではきっちりとスパム判定されていましたが、スパムフォルダの保存期限が30日のところ、フォルダにはこの2通しかなかったので、ここ1ヶ月で届いたスパムはたったの2通ということになります。以前は多いときで月に200通程度はありました。

で、久しぶりにサーバのフィルタを通り抜けたスパムがどのようなものか興味があったので見てみると、2通とも画像+テキストの html メールでした。画像はメール埋め込みになっていて、テキストメッセージを画像化したものです。本文のほうにもテキストがびっしりと書きこまれています。不思議だったのは、このスパム URL らしきものが全く記述されてないことでした。どういうことかと少しテキストを読んでみると、"Status: Strong Buy" などの文言があります。どうやら、これは特定の企業の株の購入をあおるスパムのようです。いわば、風評を流布するためのスパムなんでしょう。こういうのが効果あるのか分りませんが、今まで目にしたことが無かったので少し新鮮でした。

ビデオスパム

最近 YouTube や Google Video のフィードを購読して、暇なときにビデオを見たりしているのですが、最近、ここにもスパムが出るようになりました。いかにも興味をそそりそうなタイトルとサムネイル画面なのですが、いざ再生してみると、中身は全然関係の無いコマーシャルということがあります。最近では、スケボーに取るつけることにより、地面とこすれたときに派手な火花を撒き散らすスパイクのようなものの広告をやっていました。しかも、同じのに連続して当たったりで、激しくがっかりです。

一方、昔からあるやつで、何ということもないビデオ映像の中に、突然ぎょっとすると映像と音声が仕込まれているあれ、何というのか知りませんが、これも相変わらずありますね。最初のころはほんとにびっくりして、心臓がドクドクしてましたが、最近は慣れてきて、「やったなこいつ!」てな感じです。でも、世界中を探せば、これで驚いて命を落とした人もいるんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょうか?

Gmail

Gmail の迷惑メールフォルダは、30日で自動的にメールが削除されるのですが、最近は自動削除が行われず、10/23以降のスパムが残っていてフォルダ内のスパムの数は増える一方でした。以前にも同様なことはあって、そのときはしばらくして正常に戻ったのですが、今回はその気配がなく、ずっと10/23のスパムが残ったままです。ところが、最近スパムの数自体が増えなくなったのでやっと正常に戻ったかと思って一番古いスパムをみるとやはり10/23のままです。もしやと思って、真ん中あたりのスパムを見てみると、やはり予想通り、11/8から11/23までのスパムは存在していませんでした。つまりどういうことかというと、30日経過したスパムが自動で削除される機能は復活したものの、30日よりもずっと古いスパムは削除されずに残ったままになっていたということです。結局10/23から11/8までのスパムは手動で削除して、今はちょうど1ヶ月分のスパムだけが残る状態になっています。現在のところ5120通といったところです。1年前は2000-3000通だったのでかなり増えました。

もっとも、Gmail のスパムフィルタはサーバ上で行ってくれるのでスパムがたくさんきても全然苦になりません。フィルタをすり抜けるのは1日に数通程度です。Gmail のフィルタをすり抜けるスパムも、ほとんどのケースでは、経由するプロバイダ(Biglobe)のスパムチェックで Spam の印がついているので、これは Gmail のフィルタで別途隔離しています。両方をすり抜けるスパムは週に1,2通といったところです。

A blog? with Σαιτω - SPAM

当の Thunderbird 1.5.0.9 ではどうなのだろうか。

結局スパムを Thundebrid に受信させるだけ時間の無駄なので、もし Gmail (Google) を信用してよいとお考えなら(かつそういうことが許される環境なら)、全部 Gmail 宛に転送して、Gmail から POP で落とすというのが一番効率が良いと思いますよ。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。