二つのシナリオ

2006年10月14日(土) 11時37分 by level
B ?

Eudora が Thunderbird と共通プラットフォームでオープンソース化後の二つのシナリオ。

シナリオ1

  • 2006/12/25 Eudora on Thunderbird 0.1 リリース
    「ほほう」
  • 2006/12/25 Thunderbird 3.0 ロードマップ発表
    Eudora との機能統合。
  • 2007/01/31 Thunderbird 2.0 リリース
  • 2007/03/10 Eudora on Thunderbird 0.5 リリース
    「これはもしかして!」
  • 2007/06/30 Eudora on Thunderbird 1.0 リリース
    Win/Mac/Linux + 23カ国語版同時リリース。予想外の出来のよさに既存 Eudora ユーザが大挙乗り換え
  • 2007/12/25 Thunderbird 3.0、Eudora 1.5 同時リリース

シナリオ2

  • 2006/11 Thunderbird の API 変更をめぐって議論炸裂
  • 2007/01/25 Eudora on Thunderbird 0.1 リリース
    「なんだこりゃ」
  • 2007/01 Thunderbird 側API変更で大混乱
    trunk はビルドもままならず、クラッシュ続出、拡張・テーマ全滅
  • 2007/02 Thunderbird 3.0 ロードマップ発表。
    「当面は Eudora との統合に注力、、、」
  • 2007/03/31 Thunderbird 2.0 リリース
  • 2007/04 Thunderbird API 変更ようやく完了
  • 2007/06/08 Eudora on Thunderbird 0.5 リリース
    「だめじゃん」
  • 2007/12/01 Eudora on Thunderbird 1.0 リリース
    Netscape 6.x 並みの出来にユーザの反応は「...」
  • 2008/01 QUALCOMM が開発メンバーを引き上げ
    「我々の役割は終わった。あとはオープンソースコミュニティに全てを託す。」
  • 2008/01 Eudora が Mozilla から離脱。以後、消息不明。
  • 2008/02 Thunderbird、API 変更をすべてバックアウト決定。丸1年分後戻りして再スタート。
  • 2008/02 Thunderbird 3.0 新ロードマップ発表。
    「不幸な出来事は忘れて、心機一転、、、」

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. [58] http://beau.g-com.ne.jp/mon-extension-memo06_10-3.html