Thunderbird: 検索フォルダとクイック検索の結果をスレッド表示

2005年10月16日(日) 14時55分 by level
B ?
Tags: Thunderbird

Bug 263180 がチェックインされて、数日前から検索フォルダやクイック検索、メッセージビューの結果をスレッド表示できるようになっています。スレッド表示を多用する私は非常に期待していたのですが、同じスレッドが何度も表示される問題が多発していて、正直使い物にならないという状態です。ということで、バグを開きました。1.5rc1に間に合いますように。

10/17更新

速攻で修正されました。ケアレスミスだったようです。スレッド派の私は、これで検索フォルダとクイック検索の使い勝手が大幅に向上しそうです。

ところで、検索フォルダ表示時に、右下のメッセージ合計表示が変化しないのは仕様でしょうか? クイック検索やメッセージビューでも変わらないので仕様っぽいですが。

10/18更新

会社で今日一日使って気付いたこと。検索フォルダは対象フォルダが一つの場合と複数の場合とで挙動が異なります。一つの場合はスレッド化されますが、複数のフォルダに対する検索フォルダはスレッド化されません。たぶん仕様だと思いますが(なんとなく判るような気もします)最初はちょっと悩みました。

ということは、フォルダを細かく分けて、検索フォルダで横断的にメッセージを集めるようなケースではスレッドは使えません。反対に、大きなフォルダにメッセージを詰め込んで、検索フォルダで特定の条件のメッセージを取り出すようなケースではスレッドが可能です。今までは、フォルダによる整理を優先して細かくフォルダに分類していたのですが、大きなフォルダ+複数の検索フォルダというような使い方のほうがスマートかもしれません。Thunderbird は1万や2万のメッセージを含むフォルダは余裕で扱えますしね。ただし、検索フォルダはそのつど検索がかかるので、あまり使いすぎると重くなる可能性はあります。また、フォルダを大きくしすぎてファイルサイズが1GBを超えるようだとファイルシステムに対する負担も増えるので、巨大な添付ファイル付きのメッセージを集めるときは注意が必要です(これには添付ファイルの削除と除去が強力な味方)。なんだかこの機能、Thunderbird 1.5 の目玉機能の一つに思えてきました。これから少しずつ試行錯誤してみようと思います。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。