Thunderbird 1.5 の主な変更点

2005年9月11日(日) 22時4分 by level
B ?
Tags: Thunderbird

Thunderbird 1.5 の新機能です。

  • メッセージ処理
  • メッセージフィルタと検索
    • メッセージフィルタで転送と返信機能をサポート(Bug 11034
    • グローバルインボックスのフィルタ機能
    • サーバサイドスパムフィルタ(Spam Assassin または Spam Pal)のサポート(Bug 290237
    • 検索フォルダ、クイック検索、メッセージビューでもスレッド表示が可能になった(Bug 263180
    • 旗付きメッセージの検索とフィルタ機能のサポート(検索条件「状態」の中に「フラグあり」が追加された)
    • 検索条件の増減が柔軟に (Bug 195224Bug-jp 3782)
    • 検索フォルダでのフォルダ選択コントロールが、全展開したリストから選択するようになった
    • 検束フォルダで、複数のフォルダを検索対象にしていても最初からソートが正しく行われるようになった(検索が終わるまでのタイムラグはあるが)。
  • RSS サポートの向上
    • ポッドキャスティング(Bug 282174
    • 新しいフィード購読 UI
    • OPML インポート(Bug 258102) とエクスポート (Bug 283735
  • Firefox 相当の自動更新Bug 269483
  • オプションダイアログの再設計(Bug 284144
  • アカウント設定の複数の SMTP を管理する UI の向上。もし一つのアカウントに複数の ID を持っている場合、それぞれの ID 毎に SMTP サーバを設定できる(Bug 202468
  • POP3 における TLS のサポート
  • IMAP、POP3、SMTP でのネットワークタイムアウトのサポート(Bug 189363
  • about:config 相当機能のサポート (Tools / Options / Advanced / Config Editor)(Bug 262626
  • LDAP を使用しているとき、アドレス帳のメーリングリストが自動補完時に LDAP を使うようになった
  • オフラインの改善
  • .eml ファイルを開く(Bug 242959
  • .eml に関連付け(Bug 261559
  • Kerberos 認証のサポート(Bug 303160
  • 受信者ごとにメールを送信した頻度に応じてアドレスの自動補完をソートする(Bug 276632
  • オンラインヘルプのリンクが正しくなった。

バグ修正

  • 日本語のフィルタ名をつけるとフィルタの有効・無効の変更が出来なくなるバグの修正(Bug 202729
  • メールフォルダーをリネーム後に元の名前のフォルダーを作ると、正しく作成できないバグの修正 (Bug 65303, Bug-jp 2797)
  • パスワード入力フィールドで IME を自動的にオフにする(Bug 16940Bug-jp 1658
  • プリンタ名に日本語を使っていると、プリンタのデフォルト設定が無視されるバグの修正(Bug 118563Bug-jp 1959

リンク

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. [6] http://beau.g-com.ne.jp/mon-extension-memo05_12.html