Mozilla Corporation と Mozilla Store

2005年8月14日(日) 14時40分 by level
B ?

Mozilla Corporation

非営利団体である Mozilla Foundation が、営利目的の子会社 Mozilla Corporation を設立し、スタッフの大半が移籍したそうです。

Mozilla Store

Mozilla Store がリニューアルされて帰ってきました。Thunderbird の T シャツや、Firefox のバックバッグなどが追加になっています。8月いっぱいは米国内は送料無料になるようですが、さっき Firefox and Thunderbird CDs, Bundled with Guidebook を注文してみたら、送料が TBD になっていました。確認メールでは 0.00 なんですが、もしかしてただ? 前回注文時は$10くらいかかったのですが。

コメント (2)

1 8/14 18:52 山口
(c1) [2005/08/14 18:52:46] by 山口

Corporation が「独立」というのは正しくないと思います。というのも、Corporation の取締役会は Foundation に対する説明責任を負っていますし、Corporatrion の取締役任命には Foundation の理事会による承認が必要です。さらに、Corporation に対する最終決定権は Foundation にあります。つまり、Corporation は Foundation に所有されている「子会社」なのです。Corporation の資本金は全額 Foundation から出資されているはずです(wholly-owned subsidiary という表現がそれを表している)。

では、Corporation 設立の目的は何かというと、(1) 取引先と同じ法人格(つまり営利企業としての株式会社)を取得することで、取引先と対等な関係を結べるするようにすること、(2) 非営利団体として Foundation が活動を続け収益が増加した時に生じる可能性がある法的・税的な問題を回避する、ためだとされています(少なくとも対外的にはそう説明されている)。

また Corporation が生み出した収益はすべて Foundation に還元され、還元された収益は Foundation によって Mozilla 製品のさらなる開発・普及に役立てられる、というのが目的のようです。

長々と書いてしまいましたが、mozillaZine.org や関係者のブログを読む限り、僕は以上のような理解をしています。

2 8/14 21:03 level@管理人
(c2) [2005/08/14 21:03:12] by level@管理人

ご指摘ありがとうございます。
Corporationの位置づけに関しては私の理解も同じですが、
独立という言葉をあまりまじめに考えていませんでした。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。