Thunderbird 1.1 Alpha 2 リリース

2005年7月16日(土) 23時55分 by level
B ?

Mozilla Thunderbird 1.1 Alpha 2がリリースされました。

変更内容

Alpha 1 までの変更点はこちらを参照してください。

  • 受信メッセージに対して自動的に転送、返信(テンプレート付き)を行うメッセージフィルタを作成できる
  • ジャンクメールコントロールダイアログがサーバーサイドスパムフィルタをサポートするようになった。Thunderbird が受信メッセージを解析する際に Spam Assassin や Spam Pal spam ヘッダを探すようカスタマイズし、メッセージを適切にジャンクにすることができる。
  • 詳細検索、検索フォルダ、フィルタ編集で検索項目を作成するユーザインタフェースの改善。
  • Firefox のような自動更新サービスのサポート(今のところデフォルトでは無効にしてある)。
  • RSS コンポーネントが OPML フォーマットでのフィード購読のエクスポート機能をサポート。
  • Windows では、デフォルトメールアプリケーションのとき、elm ファイルのデフォルトハンドラとして登録する。
  • .eml ファイルをスタンドアロンのメッセージウィンドウに開き、その中に含まれる添付ファイルを保存したり開いたりすることができるようになった。
  • メッセージのエージングをサポート。一定の年齢に達したメッセージをフォルダから自動的に削除できる。 (Tools / Account Settings / Server / Offline Settings またはフォルダのプロパティダイアログ)
  • 検索ダイアログが新しいフォルダピッカーコントロールを持つようになった。これはフォルダの階層ごとにサブメニューを持つのではなく、すべてのフォルダ(サブフォルダを含む)を一つのメニューにリストする。この新しいコントロールはフォルダの検索がより簡単になる。他の箇所にも使いたい。
  • Alpha 1から受信したクラッシュデータに基づいて多くのクラッシュバグを修正した。
  • IMAP ユーザの受信確認処理の複数の問題を修正。
  • Alpha 1の新しい機能、e メールの添付ファイルの削除に関するバグ修正。
  • 多くのバグ修正と改善。

既知問題

  • 新しいオプションダイアログで、いくつかのメニューリストオプションが変更できない:送信メッセージをアドレス帳に登録する、アドレス帳をリモート画像の許可に用いる。
  • Windows ユーザは 1.0 でできたようにクリップボードからコンポーズウィンドウにg画像を貼り付けすることができない。この機能は1.1ファイナルより前に追加される予定。
  • Help / About / Credits がクレジットページの表示に失敗し、黄色い背景に文字列の不足に関する赤いエラーメッセージが表示される。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。