mozillaZine 記事和訳

2005年6月11日(土) 9時57分 by level
B ?

mozillaZine 日本語版が移転準備のため閉鎖されているので、本家記事の翻訳をここに投稿します。

2005年6月6日(月)mozilla.org スタッフミーティング議事録

The 2005年6月6日(月)に行われた mozilla.org スタッフミーティングの議事録がオンラインになった。議論になった話題は次の Mozilla Thunderbird 1.0.x リリース、Deer Park Alpha 1 と Mozilla Thunderbird 1.1 Alpha 1 の反応、1.1 Alpha 2 の予定、Google の Summer of Code、賞、新サーバ、ドキュメンテーション、コミュニティ賞、カンファレンスそれにサーバ置き換え計画だ。

[ 原文 / 2005年6月10日(金) ]

2005年5月31日(月)mozilla.org スタッフミーティング議事録

The 2005年5月31日(月)に行われた mozilla.org スタッフミーティングの議事録がオンラインになった。議論になった話題は Deer Park と XTech だ。Mozilla Foundation スタッフがアムステルダムの XTech 2005 会議に参加しているかあるいは外出のため2005年5月23日(月)には mozilla.org スタッフミーティングは行われなかった

更新:FrodoB が言うように、5月31日は月曜日ではなく火曜日だ。 (ミーティングは米国のメモリアルデー休日のため延期された)。

[ 原文 / 2005年6月7日(火) ]

2005年5月16日(月)mozilla.org スタッフミーティング議事録

2005年5月16日(月)に行われた mozilla.org スタッフミーティングの議事録がオンラインになった。議論された話題は Mozilla Foundation の新人紹介、Mozilla Firefox 1.0.4、1.1 リリース、ツリー組み込みのローカリゼーション、ビルドシステム、XTech、Mozilla Store それにコミュニティー賞だ。議事録担当の Gervase Markham が議事内容を思い出せないので2005年5月9日(月)に行われた mozilla.org スタッフミーティングの議事録は無い。Lacuna Inc. が関わり合っているかもしれない可能性は除外することができない。

[ 原文 / 2005年6月7日(火) ]

最後の一文は、5月9日の会議に Gerv が参加したかどうかも良く覚えていないことに対する冗談でしょうか。Lacuna Inc. は記憶を消してくれる会社らしいです、、、

XTech 2005 における Mozilla

5月最後の週にアムステルダムで行われた XTech 2005 Conference では Mozilla に関連する発表がいくつか行われた。すべての Mozilla の XTech プレゼンテーションはオンラインで参照可能であり、他のほとんどの XTech の発表資料もまた利用可能だ。W3C の XHTML2 からのノートIan "Hixie" Hickson の WHATWG スライドは特に読者にとって興味深いものかもしれない。

Robert "roc" O'Callahan彼の SVG/Canvas プレゼンテーションに関するウェブログを投稿しており、彼が行った印象的なデモのスクリーンショットを掲載している (Chase Phillipsroc のデモの動作中の写真を撮った)。一方、Axel Hecht彼の XTech での体験を投稿しHixieアムステルダムへの旅行について述べている。発表者ではないが Gervase Markham は XTech 2005 に参加し、Microsoft の XAML の発表に対してコメントしている (発表を行った Rob RelyeaGerv の XAML の質問に部分的に答えている)。最後に、Brendan Eich会議のテーマを広く紹介している。さらに多くの XTech 関連のウェブログ (Mozilla だけでなく) は Planet XTech で読むことが出来る。

驚いたことに、この会議はほとんどメディアで紹介されていないが、XML.comXTech 2005 の主要議事を要約するコラムを掲載している

この記事で参照している幾つかのリンクを教えてくれた Rafael に感謝する。

[ 原文 / 2005年6月6日(月) ]

記事中で紹介されている XHTML2 の中に

<p src="map.gif">Walk down the steps from the platform
   turn left, and walk on to the end of the street</p>

という記述例があり、どういうことなんだろう?と思っていたら、タイミングよくこういう解説見つけました。なるほど。

'PC World' が Mozilla Firefox をプロダクトオブザイヤー 2005 に選定

2005年7月号の PC World2005年のベスト製品 100のリストを掲載し、Mozilla Firefox をプロダクトオブザイヤー に選定した。"このオープンソースプログラムは、最新で、カスタマイズ可能、そして何より良い" と彼らは言う。" roseman、ADAXL、Percy Cabello、Bent StamnesVidur S. RamdalCody そしてニュースにするのを忘れていたことを指摘した全ての人に感謝する。

PC World を受けて、Firefox Fan が twenty percent of PCWorld.com 訪問者の20パーセントが Mozilla Firefox を使用していると教えてくれた。ほとんど 2/3 の訪問者 (66パーセント) が Microsoft Internet Explorer を使っている。

PC World のプロダクトオブザイヤーの名誉は Firefox の長い受賞リストに新たな1ページを飾った。Firefox の受賞棚は他の賞も陳列している。PC World のライバル PC Magazine は先月 Firefox 1.0.3 を PC Magazine エディターズチョイス賞に選定し (もちろん、すべての 1.0.3 ユーザは、もしまだなら 1.0.4 にアップグレードすべきだ)、ForbesFirefox をベストオブザウェブに選定した。

[ 原文 / 2005年6月6日(月) ]

この PC World の 2005年のベスト製品 100 に関しては Firefox 陣営(正確には Asa Dotzler)と Opera 陣営とでひと悶着ありました。

ことの発端は、Opera はこのリストの 88 番目にリストされ、ブラウザとしては Firefox、Maxthon に続いて3番目であったのに、そのプレスリリースの中で A winning streak: Opera once again wins PC World's World Class Award for best Web browser と打ってしまったことによります。これに対して、Asa が Opera をうそつき呼ばわりして話が大きくなりました。

結局、Opera が文言を修正して事は収まりましたが、後味の悪い一件でした。WEB カテゴリの中になぜかプロダクトオブザイヤーの Firefox が掲載されていなくて、担当者がブラウザとしては Opera だけが選ばれている = best Web browser と勘違いしたらしいです(実際はもう一つブラウザとして Maxthon が含まれていたのですが、、、)。所詮、プレスリリースなんて実際は書いてあることの半分だけというのが相場なのでそこまでいう必要は無かったのではないかと思います。(CNET Japan の記事

コミュニティ主導の Mozilla Application Suite プロジェクトはまだ改名されていない

いくつかのレポートに反して、コミュニティ主導の Mozilla Application Suite の後継は公式には SeaMonkey と命名されていない。今日の早くに Henrik Gemal はインストーラのバグレポートに添付されたパッチに基づいて Mozilla Application Suite は SeaMonkey に改名されると報じた。しかし、Alex VincentSeaMonkey はまだ公式名ではないと述べた。

SeaMonkey Council (コミュニティ主導の Mozilla Application Suite 後継のリリースを管理するグループ) のメンバー Robert "KaiRo" Kaiser は次のように語った: "どこにもブランディングに関する公式な発表はなく、単にバグレポートの添付ファイルがあるだけということ認識すべきだ 。確かに SeaMonkey Council の誰かがそれを添付したので何が起こっているかは推測できる。しかし、SeaMonkey Council からの発表(と新しいプロジェクトページ:すでにドラフトはある)がない限りこれを公式として扱うことは出来ない。" これは SeaMonkey はまだ公式名ではないが、プロジェクトは可能であればこれを受け入れる計画があるということを示唆している。

コミュニティ主導の Mozilla Application Suite 後継の名前に関する公式な発表は SeaMonkey branding page で行われることになるだろう。我々は名前はすでに選定されており、現在 Mozilla Foundation の弁護士から商標の使用許可の手続きを行っているところだと理解している。

Mozilla Application Suite の開発を継続するコミュニティプロジェクトは今年の初めに Mozilla Foundation が今後 Mozilla 1.x 製品のメジャーリリースは無いと発表したときに始まった(1.7.x ラインは必要ならクリティカルアップデートは提供される)。Mozilla Foundation はコミュニティに主導権を返そうとしているが、新しいプロジェクトは混乱を防ぐために異なる名前を持たなければならないことを明言した。SeaMonkey はすぐに事実上の名前になった、というのもそれは Mozilla Firefox のような他の Mozilla 製品ではなく、明確に suite を指し示すからだ。数年来、SeaMonkey というコード名は(最初の Netscape 6 リリースと cryptobiotic branchiopods 時代の)Mozilla Application Suite プロジェクトを指すように使われてきた。

Asa DotzlerMozilla Application Suite の未改名に関するウェブログ記事を書いた。これにはコミュニティ主導プロジェクトが Mozilla Foundation の Mozilla 1.7.x ラインとどう関係しているかの情報を含んでいる。

[ 原文 / 2005年6月6日(月) ]

Greasemonkey は依然として注目の的

Greasemonkey、多くのウェブサイトの表示を変えるスクリプトをインストールできるようにするこの人気の Mozilla Firefox 用拡張は依然として注目の的だ。Dive Into PythonDive Into Accessibility を書いた Mark PilgrimDive Into Greasemonkey という Greasemonkey に関する詳細なオンラインブックを書いた。このガイドの中で、Mark は Greasemonkey とは何か、どのようにして Greasemonkey のユーザスクリプトを書くかについて紹介し、幾つかの事例を題材にして論じている。

先月、Wired NewsGreasemonkey とそのユーザに関する報告を発表し、Slashdot では 関連リンクを含む Greasemonkey の記事 が話題になった。一方、PC World's Techlog (PC World 編集長 Harry McCracken によって書かれた) いくつかの Greasemonkey 例題のスクリーンショットを搭載した記事 を掲載し、WebProNewsGoogle をカスタマイズするために Greasemonkey をどのように使うか を紹介した。

インドを拠点とする技術ニュースサイト Techtree.com の簡潔な記事は Greasemonkey と兄弟拡張 Platypus を紹介している。 Platypus は Greasemonkey ユーザスクリプトをビジュアルに作成できるようにするものだ (詳細は platypus.mozdev.org を参照)。Even the Belfast TelegraphGreasemonkey に関する記事を掲載している。

壁の反対側に目を向けてみると、ClickZ の Hollis Thomases が オンライン広告市場における Greasemonkey の潜在的影響について論じている。我々は以前 Greasemonkey の広告ブロックの可能性について触れており和訳)、また Forrester は Greasemonkey はやっかいなものだと考えていると報じた和訳)。

最新の Greasemonkey のニュースは Greaseblog で入手でき、これはこの拡張の開発者によって運営されている。最近 Greasemonkey の記事を教えてくれたみんなに感謝する。

[ 原文 / 2005年6月4日(土) ]

mozdev で編集された Mozilla 関連本のリスト

mozdevDavid Boswell 曰く: "最近、Mozilla と Firefox に関する本が何冊か出版され、また予定されている。私たちは出版されているドキュメントの一覧を容易に確認できるような一つのリストを作りたいと思った。もし漏れている本を知っていたらリストを更新するのでコメント欄に情報を提供して欲しい。これらのリンクをクリックして購入される本は mozdev をホスティングするための費用の一助となる。"

[ 原文 / 2005年6月4日(土) ]

フランス語の Mozilla Firefox と Mozilla Thunderbird の本が出版

Pascal Chevrel 曰く: "私の(フランス語の)著作:Mozilla Firefox & Thunderbird (CampusPress ― Pearson Education) が出版されフランスの書店とオンライン書店で購入可能になったことをお知らせしたい。

"この本は(すでに FF/TB を使用していてもっと詳しく知りたいと思っている)中級ユーザ向けであり、どのようにしてプロジェクト (Bugzilla、ローカライズ、マーケティング、コミュニティポータル...) に参加するかについても述べている。アプリケーション、拡張、テーマを収納した CD も同梱している。"

Pascal は Spread Firefox に Mozilla Firefox & Thunderbird の写真 を掲載しており、Amazon.fr で本に関する詳細を見ることが出来る

[ 原文 / 2005年6月4日(土) ]

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。