Bug 11055: Thunderbird このメールは自動的に消滅する

2005年6月3日(金) 21時22分 by level
B ?

(11/23更新)

Retention Policy

Thunderbird 1.5 より、メッセージの補完ポリシーにより有効期限を設定できるようになりました。従来はニュースグループのメッセージ(アカウント単位)とジャンクフォルダだけが有効期限を設定できていました。

最近のn個を残して消す、最近のn日分を残して消す、既読メッセージは全て消す、が選択できます。設定はアカウント単位およびフォルダ単位で可能です。

Disk Space

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. 閾値以下のデータしかありません。