274784 bfcache: Firefox の新キャッシュシステム

2005年5月7日(土) 0時10分 by level
B ?

chase's blogmozillaZine によると、Firefox の trunk ナイトリーに新しいキャッシュシステムが組み込まれました。これにより、戻る、進む機能が高速に動作するようになります。従来、戻る、進む動作はキャッシュからページデータを読み込んで再パース・再レンダリングを行っていたものを、新システムではレンダリング結果自体をメモリにキャッシュしておくようになりました。これにより、重いページでも瞬時に画面を再表示できます。

この機能を使うには、chase's blog にあるとおり、最新のナイトリーで、browser.sessionhistory.max_viewers という変数を新規に作成して、値を 5 程度に設定する必要があります。

早速、20050505 のナイトリービルドで試して見ましたが(ナイトリーを動かすのはなんと数ヶ月ぶりです)、確かに重いページ(例えばえむもじらの二つのインデックスページ:日付順カテゴリ別)の再表示の速度が格段に速くなっています。もっとも、複数のページを連続して行ったり来たりしているとほぼ確実にクラッシュしてしまいますが、、、。これは 1.8b2 すなわち、Deer Park Developer Preview (Firefox 1.1の開発者向けプレビュー)に組み込まれようとしていますが、大丈夫なんでしょうか。

ちなみにこの機能、Opera では以前から実現されています。

5/7更新

20050507 だとクラッシュする問題は無くなりました。

コメント (1)

1 5/08 09:12 アンアン
(c1) [2005/05/08 09:12:11] by アンアン

機能追加はおなかいっぱい、、、。
http://bugzilla.mozilla.gr.jp/show_bug.cgi?id=3246
http://bugzilla.mozilla.gr.jp/show_bug.cgi?id=3383
拡張機能の改良やこの件よりも上二つを速く直して欲しいっす。
急いで作ってバグだらけよりはいいかもしれないけど。
3383はdrag&dropで補えますが、コピペはみなさんどうやってるんでしょう?

トラックバック (1)

トラックバックは検索対象外です。