静的ソースコード解析ツール

2005年2月8日(火) 23時21分 by level
B ?
Tags: その他

上にニュースにある Coverity という会社の Coverity Prevent というツールはソースコードを静的に解析して、メモリの不正アクセスやメモリリークなどのプログラムの論理的エラーを検出してくれるそうです。かつてはソフトウェアエンジニアだった私も、動的にこの手の解析をしてくれるツールはよく使っていました。動的解析ツールは、解析用のコードを実行ファイルに埋め込むので、実行時の使用メモリや処理時間に数倍のオーバーヘッドが出たのですが、そういう心配の無い静的に解析してくれるツールがあるとは驚きです。当然、並みの lint ツールごときのチェックではないはずで、スタンフォード大学で開発された技術がベースであるとのこと。トップページになじみのある業界大手の名前を見かけたので、それなりの性能があるのでしょう。具体的にどのようなバグを見つけてくれるのか興味があります。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. [3] http://d.hatena.ne.jp/yupo5656/20051229/p2