Thunderbird 1.0

Thunderbird 1.0 リリース

2004年12月7日(火) 22時52分 by level
B ?

あっ、ごめん、もう出ちゃった、、、しょぼーん...

Mozilla Thunderbird 1.0 がリリースされました(リリースノートダウンロード)。UA は Mozilla Thunderbird 1.0 (Windows/20041206) です。(12/24更新:日本語版の情報はこちら

せめて 1.0RC2 が出るのかと思ったら、1.0RC1 のリリースから1週間もたたないうちに、もうリリースされてしまいました。Firefoxリンク集) と比べてあまりに性急な進め方に、各国の l10n 関係者からも非難轟々のようですが、出てしまったからにはしょうがない。日本語版はおそらく数日中にリリースされるでしょうが、Firefox 1.0 のようなできばえを期待するとショックが大きいかも。それなりの心構えを持っていたほうが良いでしょう。日本人には一番影響が大きいと思われた、日本語添付ファイル名の文字化けは滑り込みで修正されましたが、1.0 までには直したいなぁと思っていたいくつかの日本語関係のバグは修正されないままです。残念ながら自信を持ってオススメするには訳には行かないです。0.9 のリリース後もっと早く動くべきだったと反省。というか、それよりも i18n/l10n 関連のパッチを提供できる人材が圧倒的に不足しています。バグを報告するだけじゃいつまでたっても直らないということです。

Thunderbird 1.0: About

更新

どうも 1.0 の品質が劣るようなイメージが先行してしまったようですが、それは 1.0 として期待される品質に達していないという意味であり、従来のバージョンに比べて劣っているというわけではありません。むしろ、現在公式日本語版が入手できる 0.8 よりははるかに良いです。はっきり言って 0.8 は Thunderbird 至上最悪レベルの品質であるので、0.8 から移行する価値は十分あります。

Thunderbird 1.0 に関するリンク集

Thunderbird リンク集

コメント (12)

1 12/07 23:47 とおりすがり
(c1) [2004/12/07 23:47:00] by とおりすがり

>あっ、ごめん、もう出ちゃった、、、しょぼーん...

2 12/08 07:21 oyadi
(c2) [2004/12/08 07:21:34] by oyadi

ま、こうなったら使わないように、いろんなところで言い続けることですね。
Mozillaも1.5あたりのリリースで添付ファイル文字化けバグがあって、
あの時は日本のmozilla関係者も、
早くからこのリリースは使うな、とアナウンスしてた。
今回thunderbirdでなんでそれがなかったんだろうかと不思議だけど、
0.Xバージョンなら、それなりに人柱ってことで黙ってたんでしょうね。
(そのバグのおかげでMozillaからthunderbirdに乗り換えた私としては
非常に微妙な気分です)

日本語関係で深刻なバグがあるならそれを明らかにして
使わないよう(覚悟して使うよう)アナウンスすべきですよね。

3 12/08 12:30 level
(c3) [2004/12/08 12:30:22] by level

t1でトラックバックいただいた方は0.8をお使いのようですが、私に言わせれば
0.8は最悪レベルで、それに比べれば1.0ははるかにましです。
1.0 > 0.9 >>> 0.8 といった感じでしょうか。
あと、1.0に深刻なバグがあるかどうかの判断は人によりけりでしょう。

4 12/08 17:27 oyadi
(c4) [2004/12/08 17:27:25] by oyadi

なるほど。自宅でうっかり0.8を入れて、ちょっとショボーンだったんですが、
はるかにマシならもう少し試してみます。
donotspreadthunderbirdな気分があったんだけど、ともかく試して判断すべきですね。了解!

5 12/08 18:50 huruha
(c5) [2004/12/08 18:50:28] by huruha

メール作成時に日本語名ファイルを添付する時の文字化け動作
http://bugzilla.mozilla.gr.jp/show_bug.cgi?id=4069
はAhn Dal-Soo さんの寄稿によりぎりぎりセーフで修正されたようです。
多謝です。

6 12/09 00:29 riji
(c6) [2004/12/09 00:29:35] by riji

どうしてここまでThunderbird 1.0が叩かれるのか全く理解できません。英語版ですが,十分実用に耐えるレベルです。個人的には大満足です。
0.8を使い続けるよりは,1.0にすべきだと思います。(ただし日本語版は、まだわかりませんが。)

7 12/09 01:18 きよ
(c7) [2004/12/09 01:18:43] by きよ

あれ? なんかいろんなところで悪口言われてますけど、
私は私自身が使いたい機能を確認した限りでは すばらしい出来だと思っています。確かにバグは有りますが回避出来るものは回避しながら使い続ける方が利益があると判断して使用させてもらっています。

今回の1.0リリースでは私のような1ユーザーと開発やサポート側のみなさんと比べると気持ちに温度差は有るとは思いますが、既にリリースされたからには誰でもダウンロードできて、いろんなレベルの人が使い始めます。
個人のWebpageに悪口が書いてあってもユーザーを増やす妨げにはなりません。しかし、サポートを期待するフォーラムで困った時に必要な情報が得られない場合はユーザーを減らしてしまいます。バグ情報の提示と回避方法やリカバーの方法をアドバイス出来るように準備しておいて欲しいものです。

最後に、生意気ですが
日本語開発&サポートチームの皆さんには、一言ご苦労様と言いたいです。

8 12/09 01:36 nudnik
(c8) [2004/12/09 01:36:12] by nudnik

rijiさんと全く同意見です。0.3ぐらいから使っていますが、少なくとも英語版では特に問題を感じたことがありません。0.8も英語版では特に問題を感じませんでした。

一般的評価・人気が高いプログラムを叩くことで専門家を気取っているだけというのでなければいいのですが。一部のコメントから若干そうした「匂い」を感じてしまうのは私だけでしょうか。

Emuraさん、「1.0 として期待される品質」とは具体的に何を指すのでしょうか。c3のlevelさん、0.8のどこが「最悪レベル」だったでしょうか。c4のoyadiさん、「自宅でうっかり0.8を入れて、ちょっとショボーンだった」のはなぜですか。感情的印象だけでなく、具体的問題を指摘してするのが知的・建設的批判というものではありませんか。

9 12/09 01:59 とおやま
(c9) [2004/12/09 01:59:12] by とおやま

 英語版に対して日本語版は…といわれないように頑張っています。
もう少しお待ちください。(とおやまはZIP版を担当)

10 12/09 06:52 huruha
(c10) [2004/12/09 06:52:38] by huruha

0.8が嫌われるのはそれなりの理由があって、
新しく作った日本語フォルダの重複表示(OEからの移行時も含めて)とか
グローバル受信トレイを新機能として入れた、ローカルフォルダにメッセージフィルタを作成できないから受信済みメッセージの振り分けができないとか
RSSリーダのアカウントウィザードリィが日本語版の初期リリースで無効とか
それ以前から使っていたり(グローバル受信トレイは使ってない・新規に日本語フォルダは作ってない)、英語版をJLP当てて使っていたり(RSSアカウントも作れた)すると、さほど不具合は目に付かないです。私もそっちの方ですが(笑)さすがにRSSアカウントで日本語フォルダの重複表示は目にしました。

個人的にはアカウントの標準をグローバル受信トレイにするなら、ローカルフォルダの受信時自動振り分け機能は盛り込めといいたい。仕様として分かりにくいと思う。

11 12/09 21:26 level
(c11) [2004/12/09 21:26:47] by level

0.8の問題点は↑のほかにこんなのがありました。
えむもじら Thunderbird 0.8 の挙動が怪しい
http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20040921_Thunderbird
結局「フォルダを圧縮」にバグがあることが分り、0.9が出るまで「フォルダを圧縮」を使わないでしのぎました。
繰り返しますが、0.8や0.9を使っている人はより安定している1.0に乗り換えるべきです。
ただし、ブラウザに比べてデータ損失の影響がはるかに大きいメーラはもっと慎重なテストを経て正式リリースして欲しかったというのが正直なところ。
素人さんに乗換えをオススメするのはもう少し様子を見たほうが良いかもということです。

ちなみに私は1年以上、公私共にThunderbirdを使い続けていますが、私が使う分には十分実用になっています。

12 12/09 22:47 oyadi
(c12) [2004/12/09 22:47:00] by oyadi

ごめんなさい。自宅PCにうっかり入れたのは0.9でした。
ちょっとまとまった時間が取れず、まだ1.0を試せていません。
ショボーンの理由ですが、やっぱり添付ファイルの文字化けですね。
確かmozilla1.6にも(原因は違うけど)同じようなバグがあって、
修正がmozilla1.7bに間に合わず、thunderbird0.5にいち早く取り入れられたので、そのとき乗り換えまして、自宅/会社ともthunderbirdです。
(そのときはthunderbirdはリリースって感じじゃなかったですよね)
そのときmozilla.gr.jpだと思うけど、しっかりバグありを書いてあったような
記憶だったんですが、thunderbirdは特にそういう話でもなく、
まあ、0.Xだから仕方ないかな、でも同じ様な問題に又あたるなんてなあ、
ショボーン、という次第。
そうこうしているうちに、ドタバタっと1.0が出て、、、

それにしてもthunderbirdはずいぶんと昔からの付き合いだったようですが、
たかだか今年の2月からなんだなあ、と。それまではしばらくMozillaです。
自分としてはとにかく便利に使わせていただいていることには間違いない。

あんまりうまく伝えられなくてすみませんが、名前が挙がってたのでとりあえず書いてみました。

トラックバック (7)

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. [6] http://www.clockroom.net/note/note0412.html