Thunderbird 0.8 のデータ移行機能

2004年9月15日(水) 23時29分 by level
B ?

Thunderbird を初めて使う場合に他のメーラからのデータの移行は重要な事項ですが、古参ユーザはその必要性がないのであまり注目されないような気がします。ということで、Thunderbird 0.8 で強化されたというデータ移行(マイグレーション)機能を試してみました。

Thunderbird 0.8 から Import Wizard というのができていて、プロファイルが存在しない状態で Thunderbird を起動すると Import Wizard が立ち上がります。

Import Wizard (1)

移行対象となるツールは

  • Netscape 6,7 or Mozilla 1.x
  • Outlook Express
  • Outlook
  • Netscape 4.x
  • Eudora

で、設定、メールデータ、アドレス帳などを取り込むことができるようです。

ここで、Netscape 6,7 or Mozilla 1.x を選択すると、以下のようにプロファイルを選択する画面になります。

Import Wizard (2)

ここでは Mozilla-trunk 用のプロファイルを選択すると、

Import Wizard (3)

  • 設定
  • アカウント情報
  • アドレス帳
  • ジャンクメールコントロールのトレーニングデータ
  • パスワード情報
  • ニュースグループデータ
  • メールデータ

が取り込まれます。少し使ってみた感じでは、特に問題は無いようです。

ところでこの Wizard、初回起動時だけ立ち上がって、プロファイル作成後は起動することが出来ないようです。プロファイルマネージャから起動できると非常に便利なんですが。

コメント (5)

1 9/16 07:50 Joker
(c1) [2004/09/16 07:50:36] by Joker

Tools→Import...ではやはり判りにくいですかね?

2 9/16 11:38 ryuzi_kambe
(c2) [2004/09/16 11:38:15] by ryuzi_kambe

個別のメールをインポートする方法も、意外と書いてないみたいですね。

デフォルトのメーラをThunderbirdにして、emlファイルをダブルクリックすると、新着メールとしてメールボックスみたいですが・・・何もメッセージが出ないのでちょとわかりづらい漢字かもしれません。

3 9/16 19:25 chate
(c3) [2004/09/16 19:25:38] by chate

ボクもかなり前にNetscape4からTBにインポートして以来ずーっとメインのメーラとして使ってるので、やっぱりあんまりお世話になることはないんだろうなぁ・・・>データ移行機能。

ところで、TB0.8のJLPが出る気配が全然ないので、自分で作ってみよう!と始めてみたものの、いまいち要領を得ずに挫折してしまいました。0.7.3JLPからの差分翻訳に辿り着く前に、ファイルの配置とかディレクトリ構造とかがむずいー。って感じに嵌ってしまいました。無念。

4 6/23 10:45 Ksuke
(c4) [2005/06/23 10:45:25] by Ksuke

私が方法を知らないだけかもしれませんが、
emlファイル単体を手軽にThunderbirdで開ける(変換できる)とうれしいです。

時々転送メールをeml形式の添付ファイルとして受け取ることがあります。
この添付ファイルだけをうまく変換できると良いのですが。。。

5 6/23 12:37 level@管理人
(c5) [2005/06/23 12:37:33] by level@管理人

1.1ではemlの扱いが改善されるようです。

Bug 261559 - Thunderbird should register *.eml file type association
https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=261559

Bug 242959 - Thunderbird should open .eml files from command line
https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=242959

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。