和訳プロジェクトと Mozilla Japan

2004年8月22日(日) 21時40分 by level
B ?

Mozilla Japan の始動に伴い、Mozilla Japan (MJ)もじら組や、和訳プロジェクト、JLP プロジェクトとの関係が分らないという声がありますが、もじら組 BBS に和訳プロジェクト池田さんによる「和訳プロジェクトと Mozilla Japan」という投稿があり、和訳プロジェクトがもじら組を離れて Mozilla Japan の一部門となった経緯について述べられています。

以下、抜粋:

MJ が和訳プロジェクトを持っていったのではなく、和訳プロジェクトと MJ との双方にメリットがあるので合流した、という事です。

和訳プロジェクト側のメリットとしては次のような点があげられます。

  1. 公式アフィリエイトに参加する事によって商標ポリシー(草稿)の「レベル1」をクリアする。
  2. 和訳文書に MJ 側の QA が入る事によって和訳の品質が向上する。
  3. テンプレートシステムを使用することで、mozilla.org 側の文書スタイル変更に対応しやすくなる。
  4. 和訳作業参加者の作業プロセスは現状と変わらず、参加者に余計な負担がかからない。

なお、こうしてまとめると綺麗なお話になってしまいますが、ここに至るまでの過程で、和訳プロジェクトスタッフ間で激論が交わされてきた、という事だけ付記しておきます。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。