225158 Thunderbird の RSS リーダ機能

2004年8月15日(日) 23時26分 by level
B ?

RSS リーダ

Thunderbird に RSS リーダ機能がつきました。

RSS アカウント作成 RSS Subscription

この機能を使うには、まずアカウントマネージャで RSS のアカウント作成します。次に、RSS アカウントの右クリックメニューから Manage Subscriptions をクリックし、このダイアログから RSS feed を指定します。なお、RSS の url をドラッグ&ドロップすることによっても追加することが出来ます。

RSS 設定

あとは、使い慣れた3ペイン構成なので問題なく使えるでしょう。本文は、ウェブサイトのページをそのまま表示する場合と、RSS の中の記述を表示するケースがあります(この差が何処から来るのか良く分りませんが これは RSS に content:conded で記述されている場合それを、なければウェブページを表示するようです)。残念ながら、一部のサイトの日本語が化けてしまいます。各記事は、メールと同じように自由にコピーや移動を行うことが出来ます。このあたりはメーラと一体となった RSS リーダの利点でしょう。

8/17更新

Thunderbird で RSS を読む場合のメリットは、メッセージをメールと同様に管理できることですが、リンクをクリックしたときにブラウザに表示されるのでブラウザとメーラを行き来しなければならないことが面倒です。また、別プロセスのブラウザを起動するのもレスポンスという面では不利です。この機能は Mozilla にも移植されるようなので、メーラとブラウザが一体の Mozilla であればこの制約は緩和されそうです。

ちなみにわたしはもっぱら Bloglines です。ブラウザさえ使える環境があれば、どこからでも同じ環境で使えるというのは何事にも変えられないと思います。

コメント (2)

1 8/16 09:56 sonic
(c1) [2004/08/16 09:56:29] by sonic

> 本文は、ウェブサイトのページをそのまま表示する場合と、RSS の中の要約を表示するケースがあります(この差が何処から来るのか良く分りませんが)。


これはそのサイトが提供している RSS に content:encoded が入っているかどうかで決まるのだと思います。


私は content:encoded 入りの RSS をhttp://sonic64.hp.infoseek.co.jp/cl.xml に置いているのですが、問題なく本文部分も表示してくれました。試したのは Mozilla Thunderbird version 0.7+ (20040815) です。

2 8/17 23:05 level
(c2) [2004/08/17 23:05:49] by level

なるほどそのようですね。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. [50] http://www.fraction.jp/log/archives/2005/03/223