究極のスパム

2004年4月22日(木) by level
B ?
Tags: スパム

最近こんなスパムがよく来ます(計28通)。

件名:アドレス変更しました♪
From: xxx@yahoo.co.jp (数パターン)
本文:ヨロシクお願いしますm(--)m→ http://www.p*j*m*d*.net/?Axx あかね☆

出会い系サイトのスパムなんですが、最後の「あかね☆」を除けば、これといったスパムの特徴のないメールです。これはまさに、Paul Graham の「スパムへの対策 ---A Plan for Spam」(Shiro Kawai 氏訳)の中で述べられている、究極のスパムに近いものです。

spam業者達がヘッダの問題を回避できたとすると、おそらく将来のspamは こんな感じになってしまうはずだ:

Hey there.  Thought you should check out the following:
http://www.27meg.com/foo

売り込み文句が内容を基にしたフィルタリングをすりぬける余地はこのくらいしか残されていない。(実際はこれでもフィルタを通り抜けるのは難しいかもしれない。というのは、他の全ての要素が中立ならばURLのspam確率が効いて来るはずで、したがってURLも中立であるかのように装わねばならない。)

ただし、そこはベイズフィルタ。Thunderbird のジャンクメールコントロールでは、p*j*m*d*@yahoo.co.jp から来た当初の5通は、最初の1通を学習させただけで排除してくれ、その後、メールアドレスが変更になった時に計3通の取りこぼしがありましたが、それ以降はメールアドレスが変わっても完全に排除できています。ベイズフィルタをだまし続けることは難しいようです。

そして、相変わらず、ちょっと頭に来るダイレクトメールを送ってくる Microsoft Japan。

★製品についてのご要望などは下記のページをご覧ください。
http://www.microsoft.com/japan/feedback/default.asp
★その他製品別等のニュースレター購読をご希望の場合には↓こちら↓をご利用ください。
http://www.microsoft.com/japan/newsletter/

リンクのところにマウスをのせてステータスバーを見てもらえれば分りますが、「表示と実際のジャンプ先がぜんぜん一致していないじゃないか!」

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。