パスワードの種類

2004年4月11日(日) by level
B ?

ITmediaニュース「甘いパスワード管理の実態、調査で判明

ちょっと古いニュース記事ですが、以下の部分が気になっていました。

およそ3人に2人が、使っているパスワードの数は5個に満たないと回答。一つのパスワードですべてを済ませている人も1割以上存在した。

たった一つのパスワードですべてを管理するのは論外としても、「使っているパスワードの数は5個に満たない」って、不十分なんですか?

私の場合を振り返ってみると、こんな感じです。

  • password1: 仕事およびプライベートで重要なアカウントで最も広く使用している。使用歴10年程度。
  • password2: プライベートでの重要なアカウントで使用している。妻にも知らせている(ちゃんと覚えているかは不明)。使用歴2年程度。
  • password3: もともとは妻が長年使用していたパスワード。が、これを同時に ID としても使用していたことがあるというとんでもない代物。まだ、一部で使用している...はずだ。
  • password4: 昔の重要なパスワードだが今はほとんど使用していない(昔、会社の同僚に教えたこともあるし)。password1 が期限切れになった時など、一時的にこれに変更し、また元に戻すときに使用 :-)
  • password5: 掲示板など情報が漏れてもさほど気にしない場面で広く使用。使用歴十数年。
  • password6: passwrod5と同様、もっとどうでも良い場合に使用。

意外にも6個のパスワードを使い分けていますが、重要なパスワードについては二つだけです。重要なパスワードをもう一つ作ってそっちに移行したほうが良いかも。ちなみにキャッシュカードで使う数字4桁の暗証番号は2種類。

たったこれだけのパスワードでも、ID とともに覚えるのは結構厳しいです。よって、その他の重要な情報(クレジットカードの番号)などとともに、パスワードで保護されたファイルに入れて管理しています。そのファイル中でも、パスワードを丸ごと書くようなことはせずに、最初の2文字文だけを記入しています(パスワード全体は頭の中にあるだけ)。そうしておけば万が一ファイルの中身を見られても大丈夫です。でも、クレジットカードの番号を入れているのは危ないなぁ。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. 閾値以下のデータしかありません。