2004-04-06 Mozilla Thunderbird-trunk

2004年4月7日(水) by level
B ?
Tags: Thunderbird

2004-04-06 Mozilla Thunderbird-trunk がリリースされました(ダウンロード)。

変更点:

  1. OSX ビルド向けに Pinstripe がリリースされた。対応してくれた Kevin と Stephen に感謝!
  2. 到着メールにラベルを設定するすべてのフィルタがメッセージにジャンクを設定してしまうという新しい set junk status フィルタのリグレッションを修正。
  3. アプリケーションを再起動したときに毎回フィルタがランダムに "Junk" か "Not Junk" を設定してしまうという新しい set junk status フィルタのリグレッションを修正。
  4. リグレッションの修正: 転送された添付メッセージを開くとき、転送された部分ではなくオリジナルのメッセージをスタンドアロンウィンドウに再び開いてしまう。
  5. IMAP IDLE サポートを調整する UI が account settings / server / advanced dialog にできた。
  6. DOM インスペクタと一緒にインストールすると、DOM インスペクタはそれがオープンされる前に開かれていたウィンドウを認識、参照できるようになった。
  7. Linux ビルドが DOM インスペクタ拡張と一緒にビルドできるようになった。対応してくれた Alexander Sack に感謝。
  8. マウスカーソルを乗せたりクリックしたときにジャンクメールアイコンがその表示を変えないといういくつかの問題を修正した。
  9. デスクトップから .eml ファイルを開けるように、File / Open Saved Message に新しいメニュー項目を追加した。パッチを提供してくれた Robert Accettura に感謝。古い "Open Messsage" メニュー項目 (これはメッセージをスタンドアロンウィンドウに開くために使われる) はそれが属するメッセージメニューに移動した。
  10. 添付ファイルをメッセージウィンドウからコンポーズウィンドウにドラッグすると実際の添付ファイルの名前ではなく "Attached Message Part" という名前で添付されてしまっていた。さらに、コンポーズウィンドウの添付ファイルボックスが添付ファイル名の横に正しいコンテントタイプアイコンを表示するようにした。
  11. Ctrl-K がメインメールウィンドウのクイックサーチバーにフォーカスするようになった。
  12. 自動 Windows ビルドは新しいジャンクコントロールを含んでいる。

既知問題

  1. メッセージを転送しようとするとエラーになる (mscott が調査中)
  2. 1 ピクセルのスペースがメッセージペインのスクロールバーの上にある。どうしてこうなったのかは分らない。

前回の記事[03/26]

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。