高橋尚子落選

2004年3月15日(月) by level
B ?

高橋尚子がアテネオリンピックマラソン代表に落選した。このニュースには正直驚いた。従来の陸連の体質から考えて、無理やりにでも高橋を選んでくると思ったからだ。思えば、かつてのロス五輪のときだったろうか、福岡での一発選考の(暗黙の?)合意にもかかわらず、故障で欠場した瀬古のためにわざわざ琵琶湖を選考会に追加し、平凡な記録で勝った瀬古を代表に選んだことがあった。そのときは、まず瀬古ありき、瀬古を選ぶための選考会だったわけだ。しかし今回は選考会の結果を忠実に考慮して公平な選考が行われたようだ。

考えてみると、世界陸上で銀メダルを取った野口みずきは判定基準から文句なしの決定。 残り3人の中では、ともに終盤のがんばりの結果、優勝してタイムも高橋よりも上の土佐礼子と坂本直子は、終盤失速して2位でタイムも明らかに劣る高橋とは明らかに差があった。この差を無視してごり押しするのはさすがの陸連にもできなかったということだろう。しかし、テレ朝のニュースによると、事前は高橋は当確という雰囲気があり、当日になって一部の委員から過去の実績だけで選んでもよいのかという疑問の声が上がり、今回の大どんでん返しにつながったということらしい。

過去の実績重視であいまいな基準による選考を繰り返してきた陸連をはじめとするオリンピック選考が、あるべき姿に近づいたという意味では、今回の結果に対して陸連に拍手を送りたい。しかし、選考基準はもっと明確であるべきだと思う。現行の基準をベースにもっと明確な基準を考えてみた。

  1. 世界陸上で日本人トップのメダリスト(タイムは無関係)
  2. 国内選考会での優勝者(複数の場合はタイム順)
  3. 全選考会での日本人トップ(複数の場合はタイム順)

以上の基準であれば、文句なしに自動的に3人が決定する(第3項に付いては、第1、2項の対象者を除いた日本人トップとするとか、あるいは単純にタイムのみで比較するなどの案もあるかもしれない)。レースコンディションが異なれば、単純にタイムでの比較はできないという意見もあるだろうが、逆にレースコンディションを考慮した公正な比較というものはできない。であれば、一番明確な、順位と、タイムとで決着をつけるというのが、だれから見ても一番公平な選択方法ではないだろうか。このような明確な基準であれば、高橋も無理して名古屋に出場するという決断もあったはずだ。小出監督も、過去の経緯から、高橋をはずすわけがないという読みがあったことだろう。そういう意味では、高橋も小出もあいまいな選考基準の被害者とも言える。

しかし、上記の決め方だと、どのレースに出るかを決めるかに有力選手の駆け引きが行われることになる。一番よいのはやはり一発選考だろう。それを阻んでいるのは、マラソンが視聴率を稼げる世界的にも稀有な(?)お国の利害関係だろうか。

ところで、次にオリンピック選考で気になるのが、やはり金メダリストでニッポン柔道界のエース井上康生だ。こっちは、文字通り一本勝負で決めるんだろうね。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。