Exploit-URLSpoof

2004年1月22日(木) by level
B ?

ネタにしようとメモっていたのに pswf さんに先を越されてしまいましたが、Exploit-URLSpoof の話題です。

先日、社内でウィルスメールが飛び交ったので、急遽ワクチンデータを更新して McAfee VirusScan でシステムのスキャンを実行しました。すると、Mozilla のキャッシュから Exploit-URLSpoof という「トロイの木馬」が見つかりました。一瞬ギョッとしましたが、これは例の URL 偽装の脆弱性 を含む html ファイルのキャッシュデータに対して出ているようです。こんなものまでチェックしているとは驚きました。pswf さん のように「ウイルス」として検出されるとおおいにびびりますよね。おなじ VirusScan なのですが、バージョンなどによる違いでしょうか。ちなみに、自宅で使用している Norton AntiVirus 2004 でえむもじらの作業ディレクトリ全体をスキャンしてみても何も起こりませんでした。Norton では検出されないようです。まあ、ブウラジング中に警告してくれるのであれば意味はあるのですが、あまり必要性は感じません。

1/23更新: Exploit-URLSpoof によるとスパムに含まれるリンクに関して注意を呼びかけており、そういう意味では有効なチェックかなとも思います。Norton AntiVirus の場合はメールに対してもチェックされないようです。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。