大どんでん返しで横浜 M 優勝

2003年11月29日(土) by level
B ?

今日の J リーグ優勝決定戦、ものすごい大どんでん返しだった。わずか数分のロスタイム中に勝利の女神が2度も気まぐれを起こし、最後に横浜に微笑んだ。

勝つか引き分けで優勝が決まる磐田、開始早々に得点し、相手キーパーが一発退場で、もうこれで決まったかと大方の人は思ったのではないだろうか? ところが同点になりそのまま後半ロスタイム突入。そして長い縦パスに久保が走りこんでヘディング、ボールは相手キーパーの頭上を越えてまさかの逆転ゴール。磐田は最後にゴン中山を投入するがときすでに遅し。横浜の勝利が決まった。

一方、鹿島のほうは浦和を相手に小笠原の芸術的ボレーシュートなどで2点リードするも、1点差に追いつかれそのまま後半ロスタイムへ、これは棚ぼたで鹿島が優勝をさらうかと思ったら、これまたまさかの同点ゴール。そのまま終了!

これで、勝ち点で横浜、磐田、市原が並び、結局、得失点差で横浜が前後期制覇で年間優勝も決めてしまった。年間王者を決めるチャンピオンシップが無くなって、リーグ関係者は残念がっているだろうね。しかしあの横浜のキーパー、大事な試合であの不始末、普通なら罰金ものだけど、優勝して帳消しか :-)。もし前期優勝してなくてこの試合を落としてたら、ほんとただじゃすまないとこだったよ。

11/30追加・訂正: 勝ち点で並んだのは鹿島ではなく市原でした。チャンピオンシップが無くなって喜んでいる人が一人いました。日本代表監督ジーコです。東アジア選手権決勝大会の選手集めが楽になったようです。

ところで、横浜キーパーの退場劇の原因となった、キーパがキックするところに体を投げ出して邪魔をするプレー、あれって反則なんですね(危険行為で間接フリーキック)。ラグビーやアメフトではよく見られるプレーなんですが。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。