8/27 *bird 日記: Enigmail

2003年8月27日(水) by level
B ?
Tags: *bird 日記

Thunderbird: mozillaZine 日本語版で紹介されていた暗号モジュール Enigmail を Thunderbird にインストールしてみた。とりあえず、MozTips の記事を参照しながら必要なファイルをダウンロードして(GPGshell は不要)、インストールの説明にしたがっていけば簡単にインストール可能だ。スクリーンショットもあるし、多少の英語が読めれば楽勝だ。

Thunderbird はもちろんインストール済みだ。次に、GnuPG から Windows 版[zip]をダウンロードしてインストール。zip ファイルを適当なディレクトリに展開するだけだ。gnupg-w32.reg でレジストリの登録をする場合は、中のパス(デフォルトは C:\GnuPG )をインストールディレクトリに合わせて修正しておいたほうがよさそう。ただし、Thunderbird で使う分には不要のようだ。Windows の PATH に通しておく必要もとりあえずは不要のようだ。

次に、Enigmail の Thunderbird ページ に行き、二つの xpi をダウンロードする(右クリックでファイルに保存。まちがってブラウザにインストールしないように)。Thunderbird の Tools | Options | Extensions からインストール。再起動すると、メニューに Enigmail が追加になっている。再度、Tools | Options | Extensions から設定画面を呼び出し、GnuPG.exe のパスを登録する。さらに、Tools | Account Settings に行き、OpenPGP Security 画面で、GnuPGP を有効にする。

いよいよ次は、鍵の生成だ。Enigmail | Generate Key で、メールアカウントを指定しパスワードを入力すると鍵が生成される。これで終わりだ。

Thunderbird + Enigmail
試しに、メッセージを書いてみる。コンポーザ画面の Enigmail メニューで、Encrypt message(メッセージを暗号化する)と Sign message(デジタル署名をつける)にチェックするだけだ。自分宛に送信してみると、こんなふうになった。メッセージの本文を見てみると確かに暗号化されている。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。