bug fixもわいろ次第?[mozillaZine forum]

2003年2月3日(月) by level
B ?
Tags: バグ

Proposal for a bribing systemに、Mozillaのバグに対してお金などを寄付して、バグを修正した人がそれを受け取るというようなシステムの提案が出されています。それにより、開発者のモチベーションがあがるし、多くの人が開発に参加するようになり、また、エンドユーザが修正して欲しいバグに対して具体的な行動を起こすことができるなどのメリットがあげられています。アイデア自体には賛同の声も多く出ているようです。問題は、お金またはそれに類するものをどう扱うかですね。投稿者はこのお金のことをわいろ(bribe)と呼んでいますが、なかなかすごいネーミングです。

現在のBugzillaではvoteが一番それに近いシステムですが、もちろん開発者に対する報酬はありません。あるのは名誉のみ。また、多くのユーザの関心をひくバグの指標として他に、Dupの数(Dupとは同一のバグに対してBugzilla上で重複して複数のバグが投稿されること)やバグのCCリスト(CCリストにメールアドレスを入れておくと、バグに変化があったときにそれをメールで知らせてくれる)の数なども用いられています(bug 163993多くの人の関心を集めているバグ)。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。