Mozillaに“反省”を促した、Appleの決断[ZDNet]

2003年1月15日(水) by level
B ?

先日のニュースの通り、Appleが新ブラウザSafariにGeckoではなくKHTMLを選択したことは、Mozillaにとって大きな敗北という論調がありますが、今回の記事もそれを引き継ぐもの。KHTMLそのものについては使用したことがないので私自身には技術的な比較はできませんが、少なくともMozillaの安定性という面ではマイルストーンリリースでも他のブラウザに比べて低い、重要と思えるバグが長い間放置されているように感じます。そろそろ、機能追加は一休みして、たまったバグのクリーンアップと、安定性の向上を目指して欲しいと思います。

コメント

コメントはありません。

トラックバック

トラックバックは検索対象外です。

この記事にリンクしているページ < >

  1. データがありません。